beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[新人戦]選手権全国8強の前橋育英がPK戦の末、桐生一下して群馬制覇

このエントリーをはてなブックマークに追加
 平成27年度群馬県高校サッカー新人大会は7日に群馬県立敷島公園サッカー・ラグビー場で決勝戦を行い、前回大会優勝の桐生一高と2年ぶりの優勝を狙う前橋育英高が対戦。2-2で突入したPK戦の末、前橋育英が4-3で勝ち、優勝した。

 1月の全国高校選手権8強の前橋育英は前半31分にMF大塚諒主将が直接FKを決めて先制。1-1に追いつかれ、さらに後半34分に桐生一FW手塚真広に勝ち越しゴールを奪われた。だが、前橋育英は37分にFW馬場拓哉が同点ゴール。PK戦ではGK月田啓が相手の2人目のシュートを止めるなど、競り勝った。

【群馬】
[決勝]
前橋育英高 2-2(PK4-3)桐生一高

[準決勝]
前橋育英高 2-1 高崎高
前橋東高 1-3 桐生一高

[準々決勝]
前橋育英高 1-0 共愛学園高
高崎高 2-0 高崎経済大附高
新島学園高 1-2 前橋東高
常磐高 0-1 桐生一高


TOP