beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[日本高校選抜選考合宿]國學院久我山DF宮原直央(3年)「サッカーでも、勉強でも、質の高いレベルをさらに一段上げていければいい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第94回全国高校サッカー選手権の優秀選手を中心に構成された日本高校選抜候補合宿が7日から静岡県内で行われている。合宿は8日に駒澤大と練習試合を行い、9日午後に解散する予定。最終的に18名が3月に欧州遠征を行い、第54回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会(ドイツ)に出場する。

 國學院久我山高の主将として同校史上初の4強、決勝進出に貢献。右SBながらその技術、判断力の高さを活かして司令塔の役割も果たしていたDF宮原直央(3年)が選手権で印象に残った試合と今回の高校選抜選考合宿について、そして16年の意気込みについて語った。

以下、宮原コメント
國學院久我山高DF宮原直央(3年)
―予選も含めて選手権で印象に残った試合は?
「ボク自身が一番印象に残っているのは(準決勝の)青森山田戦なんですけれども、格上という相手と素晴らしい場所でできましたし、最後諦めないで、自分たちのサッカーを貫いた結果、ああいう劇的な勝利ができたので本当に良かったと思っています」

―今回の日本高校選抜選考合宿で感じたこと、意気込みなどを
「自分の良さをどうやって出すのか、また相手の良さを早く知って、その良さをどうやって活かすかというのをこの合宿で凄く学んだと思っています。これから先、いろいろな人達とやっていけると思っているので、そういう良さを早く知って、早く順応したいと思っています」

―16年の意気込みを教えて下さい
「(学習院大学へ進学予定)自分にとっては、今まで以上に文武両道という形になると思うので、もちろんサッカーでも、勉強でも、質の高いレベルをさらに一段上げていければいいかなと思っています」

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
【特設】高校選手権2015


TOP