beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[日本高校選抜選考合宿]國學院久我山MF名倉巧(2年)「絶対に去年を越えられるようにまた努力して頑張っていきたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第94回全国高校サッカー選手権の優秀選手を中心に構成された日本高校選抜候補合宿が7日から静岡県内で行われている。合宿は8日に駒澤大と練習試合を行い、9日午後に解散する予定。最終的に18名が3月に日本高校選抜として欧州遠征を行い、第54回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会(ドイツ)に出場する。

 全国高校選手権でブレイクしたひとり。準優勝校・國學院久我山高の華麗なサッカーの中心で、抜きん出たボールコントロール、ポジショニングを発揮したMF名倉巧(2年)が、選手権で印象に残った試合と今回の高校選抜選考合宿について、そして16年の意気込みについて語った。

以下、名倉コメント
國學院久我山高MF名倉巧(2年)
―予選も含めて選手権で印象に残った試合は?
「2試合あって準決勝と決勝なんですけど、準決勝(対青森山田)はGKが(中学時代のチームメートである)廣末というのもあったんですけれども大会通して初めて先制されて、それを逆転して、その逆転ゴールが後半ロスタイムだったので興奮して凄く嬉しかったので印象に残っています。決勝戦(対東福岡)は、決勝戦なのに5-0という大敗をしてしまって、個人的には何もすることができなくて、悔しい思いが本当に強かったので、絶対に自分の代でリベンジできるように頑張って行こうと思っています」

―今回の日本高校選抜選考合宿で感じたこと、意気込みなどを
「自分はリーグ戦がプレミアリーグでも、プリンスリーグでもないので、トップのクラスの選手とプレーするのは自分にとって大きな財産というか、経験にもなるので、自分が成長できるように本当に一つひとつのプレーで手を抜かないで絶対にここに残りたいと思っています」

―16年の意気込みを教えて下さい
「まず去年を越えること。リーグ戦はプリンスリーグ昇格。関東大会、インターハイ、選手権も去年(15年度)を越えて、選手権はもう優勝しかないので絶対に去年を越えられるようにまた努力して頑張っていきたいです」

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
【特設】高校選手権2015


TOP