beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

エリクソン率いる上海上港が東アジア最後の切符…G大阪と同組、日本勢各組に難敵

このエントリーをはてなブックマークに追加

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のプレーオフが9日に行われ、上海上港(中国)がムアントン・U(タイ)を3-0で下し、初の本戦出場を決めた。前半44分に中国代表FWウー・レイのゴールで先制。後半38分にはアルゼンチン人FWダリオ・コンカが追加点を挙げると、同43分にはウー・レイのこの日2点目で突き放した。

 上海は元イングランド代表監督のスベン・ゴラン・エリクソン監督が率いるクラブで、ガーナ代表のFWアサモア・ジャンらが在籍している。本戦でグループGに入り、ガンバ大阪と対戦する。

 これにより、日本勢が戦う東地区の出場チームが確定した。第1節は2月23日と24日に行われる。

▽プレーオフ
☆浦項スティーラーズ 3-0 ハノイT&T
アデレード・U 1-2 山東魯能☆
☆FC東京 9-0 チョンブリFC
☆上海上港 3-0 ムアントン・U

■グループリーグ
[グループE]
全北現代(韓国)
江蘇蘇寧(中国)
ビン・ズオン(ベトナム)
FC東京(日本)

[グループF]
広島(日本)
FCソウル(韓国)
ブリーラム・U(タイ)
山東魯能(中国)

[グループG]
G大阪(日本)
メルボルン・ビクトリー(豪州)
水原三星(韓国)
上海上港(中国)

[グループH]
浦和(日本)
広州恒大(中国)
シドニーFC(豪州)
浦項スティーラーズ(韓国)


●ACL2016特設ページ


TOP