beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ウィリアンの冴えるFKの秘訣…「ロナウジーニョとベッカムから学んだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 チェルシーのブラジル代表MFウィリアンが好調のFKの秘訣を明かした。UEFA公式サイトが伝えている。

 今季の公式戦8得点中、6得点を直接FKで記録しているウィリアンは、持ち球はカーブだけながら、左斜め45度付近からのキックは正確無比。今季低調のチェルシーを引っ張るウィリアンは練習の重要性を唱えつつ、「それほど多く蹴るのではなく、さまざまな場所で4、5本蹴ることが本番の試合で生きる」と話す。また、FKを蹴る時のコツとして、「相手GKの姿勢をよく見ること」を挙げた。

 そんなウィリアンだが参考にしている選手がいるという。元ブラジル代表FWロナウジーニョと元イングランド代表キャプテンデイビッド・ベッカム氏だ。「僕がいつも見ていたのはロナウジーニョとベッカム。彼らのように素晴らしいFKを決めるために、常に参考にし、2人のプレーから重要なことを学ぼうとしてきた」と明かした。

●プレミアリーグ2015-16特集


TOP