beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[新人戦]「全員が変わらないと」日章学園が西原に逆転勝ち:九州

このエントリーをはてなブックマークに追加
[2.12 九州高校(U-17)大会第2ブロック第2節 西原高 1-2 日章学園高 県立サッカー・ラグビー場B]

 平成27年度九州高校(U-17)サッカー大会第2ブロック第2節が12日午後に行われ、日章学園高(宮崎1)が2-1で西原高(沖縄2)に勝利。日章学園は1勝1敗のブロック3位で13日の予選リーグ最終節を戦う。

 先制したのは西原だった。前半6分、MF饒波一輝(2年)の左CKをニアへ飛び込んだFW金城秀聖が頭で合わせて先制点を奪う。だが長短のパスワークと個人技で局面を打開する日章学園は18分、MF吉田隆之介のラストパスを10番FW岩切拳心が武器である抜け出しからのシュートで決めて同点に追いついた。そして日章学園は後半16分、FW山元泰志の右クロスをファーサイドの吉田が頭でねじ込んで逆転した。

 その後、決定的なシーンを作りながらも3点目を奪うことができなかった日章学園だが、必死に反撃する西原を公式記録上ではシュート1本に封じて勝利した。初戦で九州国際大付高に0-2で敗れた後は早稲田一男監督から「弱いです。あまちゃん集団です。自信漲るようなものがない」と厳しく指摘されていたが、迎えた2戦目は苦しみながらも勝利。予選リーグ突破へ望みを繋いだ。

 主将の岩切は「自分たちのやるべきことを継続して、今試合内容がこの頃ずっと良くなくて、勝てはしているけれどもっと内容にこだわらないといけない。選手権、総体ヘ向けてトレーニングで上げていきたい。(闘争心、勝利への執念という部分は)去年の選手は当たりとかもビビらずやっていた。全員が変わらないと一部が変わってもしょうがない。自分が声がけしていきたい」。それぞれがより意識を高めて、今大会は上位進出、そして総体、選手権での躍進を目指す。

[写真]後半16分、日章学園は吉田(左)のゴールで逆転

(取材・文 吉田太郎)


TOP