beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[新人戦]注目のプリンスリーグ勢対決は長崎総科大附が九国大付撃破!:九州

このエントリーをはてなブックマークに追加
[2.12 九州高校(U-17)大会第2ブロック第2節 長崎総合科学大附高 3-1 九州国際大付高 県立サッカー・ラグビー場C]

 平成27年度九州高校(U-17)サッカー大会第2ブロック第2節が12日午後に行われ、ともに第1節を勝利した長崎総合科学大附高(長崎1)対九州国際大付高(福岡2)戦は長崎総科大附が3-1で快勝。長崎総科大附はグループ首位、九国大付はグループ2位で13日の最終節に臨む。

 昨年のプリンスリーグ九州2位・九国大付と今年、同リーグに初参戦する長崎総科大附。注目のプリンスリーグ勢対決は長崎総科大附が快勝した。長崎総科大附は1年生FW安藤瑞季、FW右田翔(2年)、FW宇高魁人(2年)の強力3トップ、九国大付は俊足FW永井絢大(1年)と注目MF今田源紀(2年)を中心としたダイナミックな攻撃を持ち味とするが、この試合では鋭いプレスとCB薬真寺孝弥主将(2年)やMF吉田隆之助(2年)中心に高さでも上回った長崎総科大附が主導権を握る。

 シュート数7-0だった前半は0-0で折り返したものの、後半12分にMF前野翔伍(2年)が蹴りこんだ左FKのこぼれ球を右田が強烈な右足シュートでねじ込んで先制。九国大付は直後に今田のスルーパスからMF新竹皓太(2年)が決定的な左足シュートを放ったが、GK永谷龍馬(2年)にセーブされてしまう。直後のCKから今田が放ったヘディングシュートも松山のファインセーブに阻まれた九国大付に対して長崎総科大附は20分、宇高のスルーパスで抜けだした安藤が2点目のゴール。安藤はアディショナルタイムにも宇高のラストパスを右足ダイレクトでゴールへ沈めた。

 九国大付は直後に今田の右クロスを田代竣亮(2年)が頭で決めて1点を返したものの、反撃はこの1点止まり。2連勝とした長崎総科大附は昨年9月、国見高に数々のタイトルをもたらした名将・小嶺忠敏総監督が監督に就任した。11年からチームの指導にも携わっていたが、安藤が「自分たちも気が引き締まる。試合の勝ちどころを知っていて自分たちに教えてくれて戦いやすいとかありますね」と語る存在の指揮官就任によって選手たちはプラスの面を感じている。

 小嶺監督も「(日常生活含めて)決まり事ができてきた」と語り、年々チームが成長してきていることを認める。その指揮官が「人間性、明瞭、明るさがあるのがいい」と信頼を置く薬真寺主将や安藤、右田ら下級生時から公式戦出場をしていた選手たちはプリンスリーグ参入に初参戦する今年、成長を遂げて羽ばたくつもりでいる。薬真寺は「去年は3年生がプリンスという舞台をプレゼントしてくれたので、どのチームにも勝って行こうかなと思っている。周りのレベルが高いので自分たちのレベルアップにも繋がる。頑張っていきたい」と宣言。昨年はプリンスリーグ昇格を決めた一方、選手権予選で国見に敗れて連覇が3でストップし、悔しい1年にもなった。今年の目標は県内3冠、そして全国での上位進出。「最初から最後まで出ていた1、2年生は自分しかいない。先輩たちの涙を忘れてはいけない。自分が誰よりその思いを分かっていると思う」と語る主将を中心に今年、悔しさを晴らして、今回の九州大会、そして全国舞台で躍進を果たす。

(取材・文 吉田太郎)


TOP