beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[新人戦]地元・鹿児島城西が雨中の好勝負制して唯一の3連勝、準々決勝で東福岡と対戦へ:九州

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2.13 九州高校(U-17)大会第3ブロック最終節 海星高 0-1 鹿児島城西高 鹿児島県立サッカー・ラグビー場B]

 平成27年度九州高校(U-17)サッカー大会(鹿児島)は13日、予選リーグ最終節を行い、8強が出揃った。12日に行われた2試合を連勝し、唯一8強入りを決めていた第3ブロックの鹿児島城西高(鹿児島2)は海星高(長崎2)に1-0で勝利。唯一3連勝で予選リーグを終えた鹿児島城西は14日午前の準々決勝で東福岡高(福岡1)と戦う。

 地元開催でブラスバンドも応援に駆けつける中での大会2日目。鹿児島城西は注目CB生駒仁(1年)やレフティーMF松本順也(2年)らをベンチスタートとし、メンバー数人を入れ替えた中での試合となったが、逆転での決勝トーナメント進出を狙った海星を撃破した。まだ選手権終了から1か月余り。ベンチに切り札と呼べるような選手を複数擁すなど厚い選手層を持っていた昨年と比べ、小久保悟監督はまだ「(交代出場の選手でメドの立っている選手もいるが)今年はまだ代えられる選手がいない。11人探すのが大変でしたから」という状況であることを説明する。時折激しい雨が振りつける中で開催されたこの日は主将で10番を背負う左利きの司令塔・MF永吉広大(2年)や184cmFW田實康人(2年)、テクニカルなドリブルを見せたMF高野優太(2年)らが奮闘。また指揮官が「代わった選手で何人かは思っているよりもよくやってくれた」と評した一方、「ビビってサッカーやっている選手ばかりで落ち着いてサッカーしている選手がいない。得点取ってからは変わったけれど、あれが最初からできないといけない」と指摘する内容だった。

 立ち上がりは海星に勢いがあった。14年全国総体で8強メンバーであるMF永峯慎也(2年)やMF三浦海飛(2年)を中心に戦う海星は、雨中で抜群のキープ力を見せる永峯を中心に俊足MF古川力(2年)の仕掛けなどからシュートシーンをつくり出そうとする。3分の右CKに三浦が飛び込み、10分には巧みなターンでDFを振り切った永峯の左足ミドルがゴールを襲う。対して、ハイプレスから流れを掴んだ鹿児島城西も永吉の配球や田實のポストプレーからサイド攻撃を繰り出し、決定機もつくり出した。

 迎えた後半8分、鹿児島城西は混戦から田實が決定的な右足シュートを放つが、海星の188cmGK馬上秀義(2年)がファインセーブ。その後も永吉の左足ミドルなどで攻勢を強める鹿児島城西は12分に先制点を奪った。右サイドからゴールライン際までえぐった高野が中央へラストパス。最後は混戦から交代出場のMF四元優希(2年)が強シュートをゴールへ叩き込んだ。先制した後も決定機を作る鹿児島城西に対し、CB今井陸主将(2年)中心に粘る海星は反撃に移ったが、相手の切り替え速い守備、そしてCB田中海渡(1年)やCB濱崎拓真(2年)ら堅い鹿児島城西DF陣を破ることができずに試合終了。雨中で好勝負を演じた海星だが、2分1敗で敗退が決まった。

 昨年、一昨年といずれも好チームをつくり上げて全国高校選手権に出場した鹿児島城西だが、一昨年の初戦で優勝した星稜高相手に勝機を掴みながらも0-0からのPK戦で敗れるなど2年連続初戦でPK戦敗退。だからこそ、小久保監督は「鹿児島も難しいですけれど、全国でも勝てるチームに。勝ちきれるだけの力をつけていきたい」と語り、選手権に出場して全国レベルを肌で感じている永吉も「選手権で県大会勝って全国でも勝てるように。(きょうも)いい形でシュートまで行くことができたんですけど決定力がなくて。チャンスはつくれたんですけれど、もっと決定力を上げていきたい。もっと守備とかコミニュケーションとって声かけてやっていかないといけない」と向上心を持って臨んでいる。

 まだまだ課題も多いが、地元開催でもある今大会での目標は優勝だ。永吉は「県の代表なんで明日も絶対に勝って(県大会決勝で敗れている)神村(学園)と決勝でやって勝って、そして神村よりも長くサッカーをしたいと思っています」。準々決勝の対戦相手は全国2冠の東福岡。選手権初戦敗退の悔しさも糧に鹿児島城西が全国王者撃破を狙う。

[写真]後半12分、鹿児島城西MF四元が先制ゴールを喜ぶ

(取材・文 吉田太郎)


TOP