beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アルゼンチンで悲劇…退場判定に逆上、選手が主審を射殺

このエントリーをはてなブックマークに追加
 アルゼンチンで悲しい事件があった。アルゼンチンのコルドバ州で行われたアマチュアチームの試合で主審が射殺されてしまったのだという。『ガーディアン』によると死亡したのは48歳のセサール・フローレスさんで、銃弾3発を浴びて亡くなった。

 事件はレッドカードを出された選手が逆上して自分のカバンから拳銃を取り出して発砲したために起こった。フローレスさんは頭、首、胸を打たれたのだという。25歳の選手も重傷を負ったが、命に別条はないと報じられている。

 EFE通信は地元警察が、「サッカーの試合中に事件が起こった。怒った選手が発砲し、主審を殺害したようだ」と話したと伝えている。


TOP