beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

敵地で2発勝利、ジダン「ヘセが決めて良かった、彼の努力が報われた」

このエントリーをはてなブックマークに追加
[2.17 欧州CL決勝T1回戦第1戦 ローマ 0-2 R・マドリー]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)の決勝トーナメント1回戦第1戦の2日目が17日に行われた。レアル・マドリーは敵地でローマと対戦し、2-0で勝利している。試合後、UEFA公式サイトがレアルのジネディーヌ・ジダン監督のコメントを伝えた。

 指揮官は「チームの出来と結果に満足している。厳しい試合になると覚悟していたが、最後まで戦い抜き、結果を出した。前半は激しいプレスに遭ったが、難しいCLの対戦では想定内のことだ」と振り返った。

 昨年11月29日を最後にアウェー戦でゴールから遠ざかっていたFWクリスティアーノ・ロナウドだったが、0-0の後半12分に先制弾。チームは後半41分にFWヘセ・ロドリゲスのゴールで2点目を奪い、2-0の完勝となった。

 ジダン監督は「クリスティアーノは素晴らしかったが、それはその他の選手にも言える。プレーしなかった選手も、士気を高める上で重要な役割を果たしてくれた。ヘセが決めてくれてよかった。チームの助けになったし、彼の努力が報われた」と得点を挙げたヘセ・ロドリゲスの活躍を喜んだ。

●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集
●欧州CL15-16特集

TOP