beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

岡田オーナーの今治が新スタジアム建設を発表、新ユニフォームはEXILE白濱亜嵐がデザイン

このエントリーをはてなブックマークに追加
 元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーを務める四国リーグのFC今治が19日、愛媛県今治市内にサッカースタジアムを建設すると発表した。クラブによると、スタジアムはバックスタンドの存在しない日本でもめずらしい形となる予定で、5000人を収容予定のクラブ専用サッカースタジアム。2016年5月に着工、2017年夏ごろに竣工を目指す。

 また、新ユニフォームも発表し、デザインをEXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBEを兼務している白濱亜嵐が担当。アディダスのオーダーメイドシステムである「mi adidas team」を利用して作成された。

 チーフ・メソッド・オフィサー(CMO)という肩書になり、昨年以上に現場に関わることになるという岡田氏は「今までの指導者人生の中で培ってきた知識や経験のすべてを、今治のスタッフ・選手たちに注ぎ、必ずやJFL昇格を達成します」と力強く宣言。

 そしてユニフォームデザインを手がけた白濱氏は「自分の地元のサッカークラブのユニフォームをまさかデザインさせて頂くとは夢にも思っていませんでした。今年こそ勝ちに拘って、さらなるステージへステップアップしていけるよう自分も全力で応援して参りたいと思います」と期待を寄せた。


TOP