beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

追加副審、ナビスコ杯やCSに加えて天皇杯でも導入へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本サッカー協会(JFA)は24日、今季ナビスコ杯準決勝と決勝、Jリーグチャンピオンシップ全試合に加えて、天皇杯準決勝と決勝でも追加副審を導入することを発表した。準々決勝の導入については継続して検討するという。

 追加副審(アディショナルアシスタントレフェリー/AAR)とは、得点の見極めの確度を高めると共に、ペナルティエリア内のプレーにおいてもより正確なレフェリングを行うことを目的とし、両ゴールラインのゴール付近に1名ずつ副審を加えること。海外ではすでに欧州サッカー連盟(UEFA)の主要大会やセリエA、カタールリーグなどで導入されている。

 なお、追加副審は、無線機を用いたコミュニケーションシステムの使用が必須であり、同システムが使用可能なスタジアムでの試合のみの導入となる。


TOP