beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

乾、3試合連続先発も…エイバル、降格圏ラス・パルマスに完封負け

このエントリーをはてなブックマークに追加
[2.26 リーガ・エスパニョーラ第26節 エイバル 0-1 ラス・パルマス]

 リーガ・エスパニョーラ第26節1日目が26日行われ、MF乾貴士の所属する7位エイバルは降格圏の18位に沈むラス・パルマスとホームで対戦し、0-1の完封負けを喫した。3試合連続先発出場の乾は得点に絡むことなく、後半22分にピッチを後にしている。

 前半20分にラス・パルマスが好機を生み出すが、MFホナタン・ビエラのスルーパスから左サイドを駆け上がったMFムバラク・ワカソのシュートをGKアシエル・リエスゴが弾き出し、エイバルは危機をしのいだ。

 一方のエイバルはなかなか攻撃の形を作れず、逆にカウンターからピンチを招いてしまう。すると前半アディショナルタイム、ラス・パルマスにCKを与えると、MFナビル・エル・ザハルが蹴り出したボールをDFペドロ・ビガスにヘディングで叩き込まれてスコアを0-1とされた。

 1点のリードを奪われたまま後半を迎えたエイバルは、後半6分にMFゴンサロ・エスカランテのクロスからFWボルハ・バストンが狙うも、シュートはジャストミートせずにGKハビ・バラスの手中に収まった。すると、後半22分には乾に代えてMFサウール・ベルホンを投入して状況を打開しようと試みる。

 しかし、その後もエイバルは決定機を創出できないまま試合終了のホイッスルが吹かれ、下位のラス・パルマスに0-1の完封負けで2連敗を喫した。


●欧州組完全ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集

TOP