beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

名古屋が小倉新監督の初陣飾る! 新戦力FWシモビッチの決勝ヘッドでJ1復帰の磐田に競り勝つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2.27 J1第1ステージ第1節 磐田0-1名古屋 ヤマハ]

 J1リーグは27日、2016シーズンの開幕戦を行った。J2から昇格し、3年ぶりのJ1を戦うジュビロ磐田はホームで小倉隆史氏を新監督に迎えた名古屋グランパスと対戦。クラブOBが指揮する両チームの戦いは今季加入のFWシモビッチが決めたゴールが決勝点となり、1-0で名古屋が開幕戦を制した。

 ホームの磐田は今季加入のFW齊藤和樹とDF大井健太郎、DF中村太亮の3選手がスタメン入り。昨季20得点を挙げたFWジェイがメンバー外となっている。対する名古屋はDFオーマンとDF安田理大、MF古林将太、MFイ・スンヒ、シモビッチの加入4選手が先発起用され、明治大から新加入のDF高橋諒とMF和泉竜司もベンチ入りした。

 序盤から試合の主導権を握ったのは磐田だった。前半8分、左サイドのFKからMF上田康太が入れたボールをMFアダイウトンが右足シュートもGK楢崎正剛に弾き出される。同10分にはDF中村太亮の左CKからフリーで中央に飛び込んだDF櫻内渚が右足で合わせるも惜しくも右に逸れていった。磐田はいい時間帯に得点を挙げられずにいると、名古屋にワンチャンスをモノにされてしまう。

 前半29分、攻撃参加した右サイドのDF矢野貴章がふわっとしたボールをゴール前に送る。199センチのシモビッチがその場でのジャンプでヘッドで合わせ、名古屋が先制に成功する。小倉体制で初ゴールをマークすると流れは名古屋に傾き、同35分にはMF田口泰士のクロスを送ると、最後はDFオーマンが右足で押し込み、ゴールネットを揺らしたが、オフサイドだったとしてゴールは認められなかった。

 後半もシモビッチの高さを生かして攻め込む名古屋に対して、磐田は左サイドのアダイウトンのスピードを生かした攻撃で対抗。名古屋は後半19分に決定機も、古林の右クロスを受けた田口のヒールパスをPA左で受けた安田の左足シュートはゴール右に外れた。その後はお互いに球際で激しくなり、選手交代から流れを変えようとした。しかし、最後のところを決めきれず、1-0のまま試合は終了。名古屋が小倉監督体制の初陣で白星を飾った。

●[J1]第1ステージ第1節1日目 スコア速報


TOP