beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

豊田が4年連続開幕戦ゴール! 鳥栖が福岡とのJ1初開催の九州ダービーを制す

このエントリーをはてなブックマークに追加
[2.27 J1第1ステージ第1節 鳥栖2-1福岡 ベアスタ]

 J1リーグは27日、2016シーズンの開幕戦を行った。昨シーズン、年間11位だったサガン鳥栖はホームで、J1昇格プレーオフを勝ち抜いて5年ぶりのJ1を戦うアビスパ福岡と対戦。J1初対決となった九州ダービーは2-1で鳥栖が競り勝ち、マッシモ・フィッカデンティ監督の初陣を白星で飾った。

 互いに堅守とハードワークをベースにするチーム同士の対戦は開始早々に動いた。前半8分、鳥栖は左サイドでのスローインの流れからDF吉田豊がクロスを上げる。これをPA手前からニアに走り込んだFW豊田陽平がヘッドで合わせ、先制点。豊田の開幕戦4年連続ゴールでベストアメニティスタジアムが歓声に包まれた。

 1点ビハインドの福岡は前半43分、右サイドからのクロスをペナルティーアーク内で胸で受けたFWウェリントンがボディーバランスよく反転から右足ボレー。相手を背負いながら放ったシュートはゴール左に外れる。後半立ち上がりからも主導権を握ると、後半4分にDF亀川諒史が上げたクロスを最後はFW城後寿がヘッド。同5分には亀川がハーフェーライン付近でボールを奪ってそのままミドルシュートもゴールネットを揺らすには至らなかった。

 福岡の時間帯が続いたが、鳥栖はこれを耐え凌ぐと後半6分に追加点を挙げる。クリアボールからMF金民友が自陣でダイレクトで前方へつなぎ、FW岡田翔平がセンターサークル付近で完全に裏へ抜け出す。GKとの1対1を冷静に制し、鳥栖が2-0とリードを広げた。

 反撃に出る福岡は、FW金森健志が立て続けに決定機もPA左から放ったシュートが左ポストを叩くなど苦しい時間帯が続く。それでも後半26分、MF末吉隼也の右CKをウェリントンがヘッドで合わせると、カバーに入った吉田がクリアしきれずに1点差に縮める。後半アディショナルタイム1分には、FW平井将生の浮き球パスをFW坂田大輔がヘッドでつないでウェリントンがループシュート。同点かと思われたがゴール右に外れ、試合終了。1-2で福岡が敗れ、5年ぶりのJ1白星とはならなかった。

●[J1]第1ステージ第1節1日目 スコア速報


TOP