beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

熊本の新10番清武が「ラッキー」なPK弾、2年ぶりJ2参戦の松本は黒星スタート

このエントリーをはてなブックマークに追加
[2.28 J2第1節 熊本1-0松本 うまスタ]

 昨季J1で16位に終わり、1年でJ2に降格した松本山雅FCの2年ぶりJ2初戦は黒星発進となった。ロアッソ熊本のホームに乗り込み、0-1で敗戦。一方、ヘッドコーチから今季監督に昇格した熊本の清川浩行監督はその初陣を白星で飾った。

 試合はいきなり動いた。熊本は前半14分、左サイドでボールを受けたFW清武功暉がクロスを上げると、至近距離でDF飯田真輝の手に当たり、PKを獲得。自らキッカーを務めた清武は冷静にGKの逆を突き、先制点を奪った。

 試合後のインタビューで「PKになったのはラッキーだった。(PKは)GKとの駆け引きで決まって良かった」と振り返った清武。鳥栖からの期限付き移籍期間を延長し、今季は背番号も10に変更された。日本代表MF清武弘嗣の実弟は「キヨさん(清川浩行氏)が監督になって初めての試合。開幕戦を取れたのは大きい」と素直に喜んだ。

 一方、2年ぶりのJ2参戦となった松本は前半21分、MF宮阪政樹の左FKにFWオビナが頭で合わせるが、枠を捉え切れず。後半18分には宮阪の右CKからフリーのDF當間建文がヘディングシュート。しかし、これもクロスバーを越え、1点を取り切ることができなかった。

●[J2]第1節 スコア速報


TOP