beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

なでしこを苦しめた予想以上の豪州の繋ぐサッカー…「我慢したかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2.29 リオ五輪女子アジア最終予選 オーストラリア-日本 金鳥スタ]

 しっかり準備をしてきたはずだった。日本女子代表(なでしこジャパン)は、187cmGK山根恵里奈を先発させるなど、フィジカルに勝るサッカーへの対策をした。ただ、オーストラリアが予想を上回るサッカーを見せた。序盤からボールをしっかり繋ぎ、DFの背後を突く攻撃を繰り返してきたのだ。DF有吉佐織も「思ったよりは繋いでくるという意識があった」と素直な印象を語った。

 経験を重視して選ばれたはずのイレブンが浮き足だってしまった。繋がれたことで慌てたなでしこは、選手をサイドに引き出され、中が手薄になってしまう。先制点の場面は、有吉とFWリサ・デバンナのミスマッチ。ダメ押しとなった3失点目の場面では、クロスボールに対して得点したMFカトリーナ・ゴリーを中で完全にフリーにしてしまった。

「早い時間からオーストラリアが前から来ていて、そこは我慢しようと言っていた。前半の途中からはチャンスも作れていたので、我慢したかった」

「サイドでボールを長いこと持たれて、中で2対2だったり、2対3を作られたところにクロスだったので。ボールに行くのか、それとも中に枚数をかけるのかというのをはっきりしたかった」

 修正点を指摘した有吉。次戦は中1日で迎える韓国戦と時間はないが、「まずはしっかりコンディションを持っていきたい。あとはビデオを見て、しっかり修正していきたい」と前向きに話した。 

(取材・文 児玉幸洋)
●リオ五輪女子アジア最終予選特設ページ


TOP