beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

金崎、決勝ヘッド!!鹿島が2戦連続1-0勝利で開幕2連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加
[3.5 J1第1ステージ第2節 鹿島1-0鳥栖 カシマ]

 J1第1ステージは5日、各地で第2節を行い、ともに開幕戦で勝利を挙げた鹿島アントラーズサガン鳥栖が対戦し、ホームの鹿島が1-0で勝利した。鹿島は2月28日のG大阪戦(1-0)に続いて開幕2連勝。鳥栖は今季初黒星となった。

 鳥栖は前半11分、左サイドからMF鎌田大地が右足でクロスを入れ、FW豊田陽平が左足で合わせたが、GK曽ヶ端準に正面でキャッチされる。結局、前半のシュートはこの1本のみ。その後は鹿島がゲームを支配した。

 前半12分、日本代表候補に選出されたMF遠藤康がPA内右でボールをキープし、ゴール前にクロス。MF中村充孝のヘディングシュートはGKに阻まれたが、同31分にセットプレーから先制点を奪った。右45度の位置から遠藤が左足でFKを蹴り込むと、ファーサイドのDF山本脩斗が頭で折り返し、FW金崎夢生が打点の高いヘディングシュートを叩き込んだ。

 7~9日の日本代表候補にも選出された金崎の今季初ゴールでリードを奪った鹿島。1-0で折り返した後半2分、新10番のMF柴崎岳がゴール正面から直接FKを狙うが、GK林彰洋の好セーブに阻まれる。同18分にはMF小笠原満男のくさびのパスを金崎がワンタッチで落とし、途中出場のMFカイオが右足でミドルシュートを打ったが、大きくクロスバーを越えた。

 鹿島は後半25分、中村に代えてMF永木亮太を投入。今季、湘南から完全移籍で加入した背番号6が移籍後初出場となった。同41分には金崎に代わって開幕戦で決勝点を決めたMF鈴木優磨がピッチに入った。

 何とか同点に追いつきたい鳥栖も必死の反撃に出るが、後半アディショナルタイム、MF高橋義希の右クロスがファーサイドに流れ、MF金民友が左足でシュート。最後に決定機が訪れたが、ゴール左に外れ、最後まで追いつくことはできなかった。鹿島は2試合連続の1-0勝利。ホーム開幕戦を白星で飾り、開幕2連勝と最高のスタートを切った。

●[J1]第1ステージ第2節1日目 スコア速報


TOP