beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

山形FW大黒がいきなりゴールも…“山形キラー”の愛媛FW阪野が同点ヘッド

このエントリーをはてなブックマークに追加
[3.6 J2第2節 愛媛1-1山形 ニンスタ]

 ともに今季初勝利を目指した愛媛FCモンテディオ山形の一戦は1-1の痛み分けに終わった。互いに初勝利はお預けとなったが、愛媛はFW阪野豊史、山形はFW大黒将志にそれぞれ移籍後初ゴールが生まれた。

 京都から期限付き移籍で加入し、選手登録が完了したばかりの大黒を1トップでスタメン起用した山形は前半4分、GK山岸範宏のロングフィードをMFディエゴが頭でそらし、抜け出した大黒がPA内でGKと1対1を迎える。シュートは惜しくも阻まれたが、さっそく持ち味を披露した。

 そして前半7分、ディエゴのスルーパスに大黒が走り込み、右足の深い切り返しでDFの逆を取ると、PA手前右から左足を強振。グラウンダーのシュートがゴール右隅に決まり、移籍後初ゴールとなる先制点を奪った。早い時間帯にリードした山形はその後も攻守の切り替えのスピードで愛媛を上回り、主導権を握ったまま前半を折り返した。

 流れをつかめない愛媛は後半7分、浦和からレンタル移籍で加入したFW阪野豊史を投入。直後の8分にDF浦田延尚が遠めから右足ミドルを放つと、PA内の阪野が足を伸ばしてコースを変えたが、わずかにゴール左にそれた。

 徐々に攻撃のリズムが生まれ始めた愛媛。後半15分、MF内田健太の直接FKはGKに阻まれたが、同43分に途中出場のMF白井康介が右サイドを突破してクロスを上げると、ニアに飛び込んだ阪野がヘディングで押し込み、同点ゴールを奪った。阪野は明治大1年時の09年に天皇杯3回戦の山形戦(3-0)で得点を挙げ、浦和時代の13年10月16日にも天皇杯3回戦(2-3)で山形相手にプロ公式戦初ゴール。“山形キラー”ぶりを発揮し、またしても“お得意様”から移籍後初ゴールを奪った。

 試合は1-1のまま終了のホイッスル。愛媛は開幕戦の清水戦(0-0)に続いて降格組との対戦となったが、これで2試合連続のドロー。一方、開幕アウェー3連戦の2戦目となった山形も開幕1分1敗となり、今季初白星は次節以降に持ち越しとなった。

●[J2]第1節 スコア速報


TOP