beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

岐阜の東ティモール代表DFが約1か月の負傷離脱

このエントリーをはてなブックマークに追加
[故障者情報]

 FC岐阜は11日、DFウェリントン・ロシャが検査の結果、左足関節捻挫と診断されたと発表した。7日の練習中に負傷した。全治は3週間から4週間とみられている。

 同選手はブラジル出身だが、東ティモール代表歴を持つDF。今季より加入したが、ここまで2試合はベンチ入りしていない。


TOP