beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アーセナル、ハル戦で負傷のCB2人は問題なし…ラムジーはCLバルサ戦も欠場か

このエントリーをはてなブックマークに追加

 13日に行われるFA杯準々決勝ワトフォード戦に向けて、アーセナルアーセン・ベンゲル監督が負傷者の現状を説明した。クラブ公式サイトが伝えている。

 8日のハル・シティ(2部相当)とのFA杯5回戦再試合で4-0と勝利したアーセナルは、交代枠すべてが負傷者による交代だった。ベンゲル監督は、「我々はハル戦でガブリエル・パウリスタ、ペア・メルテザッカーアーロン・ラムジーら数名の負傷者を出した。メルテザッカーとガブリエルは心配することはない」と、センターバック2人については問題ないと語った。

 その一方で、「ラムジーに関しては小さな警報が鳴っている。どの程度、悪いのかはまだ分からない」と懸念を示し、ワトフォード戦はもちろん、16日のバルセロナとのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の第2戦も欠場する可能性を示唆した。

 また、GKペトル・チェフやMFジャック・ウィルシャー、MFサンティ・カソルラは順調に回復しているが、まだまだ時間がかかるとし、DFローラン・コシールニーについては、「復帰はそう遠くない。日曜日までにはテストを行う予定だ。もしかするともっと早い可能性もある」と明かした。

●プレミアリーグ2015-16特集


TOP