beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

浦和DF槙野、前節の敗戦から「学び」、この試合で「生かせた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[3.12 J1第1ステージ第3節 浦和 2-0 福岡 埼玉]

 前節、昇格組の磐田に敗れた。この日の相手も昇格組の福岡。しかし、浦和レッズDF槙野智章が「磐田戦の敗戦を生かせた」と話したように、チームは2-0の勝利で今季初完封を成し遂げた。

 前半18分にFW興梠慎三のゴールで先制した浦和は、その後も福岡にチャンスらしいチャンスを作らせず。後半9分には再び興梠がネットを揺らしてリードを2点差に広げると、そのまま逃げ切った。最終ラインからチームを見つめていた槙野は、磐田戦から攻撃陣の変化を感じていた。

「前線の選手はボールを受けに降りてくるのではなく、ゴールに向かう動き、裏への動きが非常に多かったし、パスの出し手の選手も何度も裏へのボールを送っていた。中を締められても中をこじ開けるだけのコンビネーションとワンタッチ、ツータッチのパスが有効でした」

 それも磐田戦の反省が生かされたからだと語る。「人の動きとボールの動かし方が、相手にとって非常に嫌な動きと嫌なボールの動かし方だった。磐田に敗れましたが、そこからたくさんのことを学び、反省が本当に生かされたゲームだったと思う」。

 そして、今季初の完封にも満足感を示す。「まずはゼロに抑えるのが今日の仕事だったので、まっとうできて良かった」と安堵の表情を見せながらも、「ただ今日の内容で2-0では満足していません。もっと、たくさんのゴールと良い場面が作れてもおかしくなかった」とさらなる高みを見据えた。

(取材・文 折戸岳彦)
●[J1]第1ステージ第3節1日目 スコア速報


TOP