beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

今季から就任の柏メンデス監督が辞任…わずか3節の指揮

このエントリーをはてなブックマークに追加
[3.12 J1第1ステージ第3節 柏2-2磐田 柏]

 開幕連敗で迎えたホームのジュビロ磐田戦。柏レイソルは前半のうちにFWジェイのゴールで先制されながらも、後半に猛攻を仕掛けてMF秋野央樹とFW田中順也の得点で逆転した。しかし……、後半45分にDF櫻内渚に同点弾を許し、掴みかけていた今季初白星はこぼれ落ちた。1分2敗の17位ーー。試合後のゴール裏からは「日本人なめるな!」という怒声が響いた。

 会見で磐田戦に対する質疑応答が終わると、瀧川龍一郎社長も同席し、ミルトン・メンデス監督が辞任を表明した。磐田戦前夜、クラブの強化部との話し合いの末に、退任が決まっていたという。

「私の家族の健康上の問題もありまして、協議の中で本日のゲームがチームを指揮する最後の日ということになりました。思うような結果が残せず、心苦しい気持ちではありますが、間違いなくレイソルは徐々に順位を上げていってくれると思います。そのことに関してもみなさんにお詫びを申し上げたい」

 2009シーズンの途中から就任し、J1、天皇杯、ナビスコ杯といったタイトルを柏にもたらしたネルシーニョ監督(現神戸監督)が2014シーズンをもって退任。後任には柏のアカデミーやフロントで辣腕を振るっていた吉田達磨監督(現新潟監督)が就いた。アカデミーからトップまで同じスタイルのサッカーを貫くというビジョンを掲げながらも、2015シーズンの終了を待たずに退任が発表され、ほどなくミルトン・メンデス監督の就任が発表された。昨オフにレギュラークラスの5選手が退団し戦力的なダウンもあったが、開幕から結果を出すことができず、速くも監督交代の運びとなった。

 なお、後任は下平隆宏ヘッドコーチが務めることがクラブから発表されている。

(取材・文 奥山典幸)

●[J1]第1ステージ第3節2日目 スコア速報


TOP