beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

シティ、痛恨のドローもペジェグリーニ「可能な限り優勝を諦めるべきではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
[3.12 プレミアリーグ第30節 ノリッジ0-0マンチェスター・C]

 プレミアリーグは12日に第30節を行った。マンチェスター・シティは敵地でノリッジと対戦し、0-0で引き分けた。マヌエル・ペジェグリーニ監督の試合後のコメントをクラブ公式サイトが伝えている。

 シティは降格圏に沈むノリッジから得点を奪えず、勝ち点1を獲得するにとどまった。残り9試合で首位レスター・シティとの勝ち点差は「9」で、暫定4位のままとなっている。「勝ち点を取りこぼしたことは事実だが、私は次の試合に向けて集中している。勝ち点差で可能な限り、諦めるべきではないよ」とタイトルを諦めていないようだ。

「火曜日の欧州CLのことに頭を切り替える。その後、ホームでマンチェスター・ユナイテッドと対戦する。これからも毎試合勝ち点3を取るように努力する。シーズン最後にどのような順位になっているか、見てみようじゃないか。残りの試合数が少ない中で、勝ち点を取りこぼすということは、より難しくなっていることも事実だ」

●プレミアリーグ2015-16特集

TOP