beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「勇人さんに背中を押されて」キャプテン就任…新生・千葉の先頭に立つGK佐藤優也

このエントリーをはてなブックマークに追加

[3.13 J2第3節 千葉 1-0 横浜FC フクアリ]

 移籍初年度ながらもキャプテンを任されるジェフユナイテッド千葉GK佐藤優也。開幕スタメンを勝ち取り、ここまでゴールマウスを守ってきた男は、初の完封に「自分の仕事はゼロに抑えることなので、それをできたことがうれしく思う」と充実した表情を見せた。

 開幕戦となった第1節徳島戦で1失点、そして第2節岡山戦では2失点。しかし、この日は横浜FCの攻撃をシャットアウト。佐藤自身も前半36分に至近距離から放たれたMF野村直輝をきっちりストップするなど、ポジショニング良く相手のシュートに対応し、ゴールを守り抜いた。

 今季、東京Vから完全移籍で加入した男はキャプテンの大役を任される。本人としても「初めて」のことになったが、「そこまで意識はしていない」。それは、なぜかと言うと、前所属の東京Vが「若いチームだった」から。「自分の年齢でもベテランという感じでした。だから、今までに果たしてきた役割と大きく変わらないし、そのときの経験が今につながっていると思っています」。

 しかし、苦手なものがあるとも明かした。「メディアに出て喋るのが苦手。キャプテンだからあいさつすることもあるけど、それも苦手。ピッチに立っているときが一番楽ですよ」と苦笑い。

 そして、千葉を長年引っ張ってきたMF佐藤勇人の存在があるからこそ、「怖さはなかった」と語る。「経験のあるカンペーさん(DF富澤清太郎)と、ずっとジェフを支えてきた勇人さんが副キャプテンにいます。自分は勇人さんから『やってみなよ』と背中を押してもらったし、非常に心強いサポートがあるので恐れるものはないと思っています」。経験豊富な選手のサポートがある中で、キャプテンとしてチームをけん引しようとしている。

(取材・文 折戸岳彦)
●[J1]第1ステージ第3節1日目 スコア速報


TOP