beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

国士舘大が今年も“大型補強”、GK脇野、FW加納、MF谷村、FW高橋ら世代別代表、J注目タレントらが多数加入

このエントリーをはてなブックマークに追加
 昨年の全日本大学選手権4強の国士舘大が2016年度新入部員を発表した(関東大学サッカー連盟協力)。

 年代別日本代表、日本一経験者、Jクラブも注目した逸材など、昨年に続いて大型補強を施した印象だ。まずGKは、昨年全国2冠を果たした東福岡高GK脇野敦至に注目が集まる。2年時の全国総体も優勝し、計3度の全国制覇を成し遂げているGKは広い守備範囲とビッグセーブを武器にU-17日本代表や日本高校選抜にも名を連ねている注目GKだ。その脇野と昨年の全国総体決勝で対戦し、日本高校選抜候補にも選出されているGK寺尾凌(市立船橋高)、またナショナルGKキャンプメンバーにも選ばれた実績を持つ実力派GK市川泰成(東海大翔洋高)と注目GKが3人も国士大へ進学する。

 DFでは鹿島アントラーズユースのプレミアリーグEAST、チャンピオンシップ制覇に貢献したCB中野純のほか、清水桜が丘高の守備の柱・CB大森圭一郎、強豪・清水エスパルスユースの佐野祐貴、全国高校選手権のピッチに立っている瀬戸敬士朗(星稜高)と宮下陸(正智深谷高)、また岡田拓真(京都学園高)と松本拓海(東大阪大学柏原高)も加入する。

 中盤の選手ではグルージャ盛岡のMF谷村憲一を兄に持つMF谷村海那(花巻東高)が最注目。180cmの長身で高速FKやドリブル突破を操る隠れた逸材だ。また全国高校選手権で貴重なゴールを挙げるなど青森山田高の4強入りに貢献したMF吉田開、静岡の名門・藤枝東高の主将としてチームを全国へ導いたMF渡邉航平、ナショナルトレセンU-14選出歴を持つMF櫻井崇之(JFAアカデミー福島U18)、広島の強豪・瀬戸内高のMF佐藤良輔も強豪の門を叩いた。

 そしてFWも非常にハイレベルだ。昨年のプリンスリーグ東海で20得点を叩きだして得点王に輝いた、名門・静岡学園高のエースFW加納澪主将をはじめ、U-17日本代表の俊足FW高橋利樹(埼玉栄高)、12年U-16日本代表候補の大型アタッカー・FW福原昭(札幌創成高)、そして2年時に全国4強を経験している日大藤沢高のパワフル系FW住吉ジェラニレショーン正智深谷高を選手権全国大会へ導いた10番・FW小島遥栃木SCユースの10番・明本考浩、大分の強豪・柳ヶ浦高FW菱沼祐吾も国士大に加わることになった。

以下、国士舘大の16年度新入部員
▽GK
寺尾凌(市立船橋高)
脇野敦至(東福岡高)
市川泰成(東海大翔洋高)

▽DF
大森圭一郎(清水桜が丘高)
岡田拓真(京都学園高)
瀬戸敬士朗(星稜高)
中野純(鹿島アントラーズユース)
宮下陸(正智深谷高)
佐野祐貴(清水エスパルスユース)
松本拓海(東大阪大学柏原高)

▽MF
櫻井崇之(JFAアカデミー福島U18)
渡邉航平(藤枝東高)
吉田開(青森山田高)
谷村海那(花巻東高)
佐藤良輔(瀬戸内高)

▽FW
明本考浩(栃木SCユース)
加納澪(静岡学園高)
小島遥(正智深谷高)
高橋利樹(埼玉栄高)
福原昭(札幌創成高)
住吉ジェラニレショーン(日大藤沢高)
菱沼祐吾(柳ヶ浦高)

[写真]東福岡の全国2冠の立役者、GK脇野は国士舘大へ

※3月15日発表分。関東大学サッカー連盟の協力により、同オフィシャルサイト(http://www.jufa-kanto.jp/)で発表されたリストを随時掲載致します。なお、大学によっては一般入学等によって新入部員が増える可能性があります。また諸事情により、公表されない大学もあります。


TOP