beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[CL]バイエルン、4発逆転で延長戦制す!ユーベは2点リードからの悪夢…

このエントリーをはてなブックマークに追加
[3.16 欧州CL決勝トーナメント1回戦第2戦 バイエルン4-2(延長)ユベントス]

 UEFAチャンピオンズリーグは16日、決勝トーナメント1回戦第2戦を行い、バイエルン(ドイツ)はホームでユベントス(イタリア)と対戦した。90分間を2-2の同点で終え、2戦合計4-4で延長戦に突入。延長後半に2点を奪ったバイエルンが4-2、2試合合計6-4で死闘を制し、5シーズン連続の8強入りを決めた。

 注目の王者対決は第2戦も互いに譲らぬ激闘となった。ホームでの第1戦に2-2で引き分けたものの、2点ビハインドから追いつく粘りを見せたユベントス。敵地に乗り込んだこの日は逆に先行する展開に持ち込んだが、第1戦とは反対に今度はドイツ王者が驚異の追い上げを見せた。

 ユベントスは前半5分、MFサミ・ケディラのロングフィードにDFステファン・リヒトシュタイナーが反応し、PA内に走り込む。カバーに戻ったDFダビド・アラバはクリアし切れず、GKマヌエル・ノイアーの飛び出しも中途半端となり、ゴール前にこぼれたボールをMFポール・ポグバが無人のゴールに流し込んだ。

 立ち上がりの先制点で2試合合計3-2とリードを奪ったユベントス。バイエルンはその後もノイアーがらしくないキックミスを犯すなどリズムに乗れない。ユベントスは前半28分、自陣からFWアルバロ・モラタがドリブルで中央を一気に駆け上がり、DFを引き付けてラストパス。PA内で受けたFWファン・クアドラードはシュートフェイントでDFフィリップ・ラームをかわし、冷静に右足で追加点を奪った。

 2-0、2試合合計4-2と突き放したユベントスはアウェーながら試合を優位に運ぶ。最低でも2点取って延長戦に持ち込む必要があるバイエルンは後半開始からDFメフディ・ベナティアに代えてDFファン・ベルナトを投入。後半15分からはMFシャビ・アロンソに代わってFWキングスレー・コマンが入ったが、なかなか決定機をつくれない。

 それでも後半28分、右CKの流れから右サイドで粘ったコマンがつなぎ、MFダグラス・コスタがゴール前にクロス。これにFWロベルト・レワンドフスキが頭で合わせ、1-2と1点差に追い上げると、一気に流れはバイエルンに傾いた。後半アディショナルタイム、高い位置でボールを奪い返したMFアルトゥーロ・ビダルが右サイドに展開。コマンの折り返しをファーサイドのFWトーマス・ミュラーがヘディングで叩き込んだ。

 土壇場で2-2の同点に追いつき、2試合合計スコアでも4-4とまったくの五分に持ち込んだバイエルン。試合はそのまま延長戦に突入したが、流れは完全にホームチームのものだった。迎えた延長後半3分、ダグラス・コスタの左クロスのこぼれ球を拾ったMFチアゴ・アルカンタラがミュラーとのワンツーから右足を振り抜き、逆転弾。2分後の延長後半5分にもカウンターからコマンがドリブルで独走し、4-2とダメを押した。

 延長戦にもつれ込む死闘の末、2試合合計6-4でイタリア王者に逆転勝ちしたバイエルンはこれで5年連続の8強入り。前回準優勝のユベントスは2点リードから悪夢の逆転負けを喫し、ベスト16で姿を消した。

●欧州CL15-16特集

TOP