beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

開幕3連敗の横浜FC、ミロシュ・ルス監督が不整脈などの疑いで検査入院

このエントリーをはてなブックマークに追加

 横浜FCは17日、ミロシュ・ルス監督が不整脈、冠攣縮性(かんれんしゅくせい)狭心症の疑いのため、検査入院することを発表した。入院期間は17日から22日の予定。不在期間については増田功作ヘッドコーチが暫定的に指揮を執る。

 開幕から無得点で3連敗と不調の横浜FCは、次節ホームで今季J2に昇格した山口と対戦する。


TOP