beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ナビスコ杯B組の第2節は全て“ウノゼロ”…仙台が連勝、福岡は今季公式戦で初白星

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ナビスコ杯は27日、グループリーグ第2節を行った。B組ではベガルタ仙台が唯一の連勝で首位につけている。

 23日に行われた第1節では引き分けに終わっていた川崎フロンターレアビスパ福岡の対戦は、1-0で福岡が勝利。後半34分に右CKからMF末吉隼也が入れたボールをDF田村友がヘッドで押し込み、これが決勝点となった。J1復帰の福岡は今季公式戦で初勝利を飾っている。

 黒星スタートとなったアルビレックス新潟はホームに第1節で試合がなかったサガン鳥栖と対戦。鳥栖が前半終盤のチャンスを生かしきれないでいると、後半30分にFW平松宗のリターンをPA内右で受けたMFレオ・シルバが右足シュートをゴール左に流し込み、1-0で新潟が勝利している。

 今季公式戦で勝利がない柏レイソルはホームに白星発進となった仙台を迎えた。前半はスコアレスに終わったが、後半24分にDF菅井直樹のクロスからMF富田晋伍が右足で決めたゴールが決勝点となり、仙台がB組で唯一の連勝となった。一方で柏の今季公式戦初勝利はまたも持ち越しとなっている。

 第2節終了時点のB組の順位表は以下の通り。なお、横浜FMと鳥栖は1試合の消化となっている。

1.仙台(6)+2
2.福岡(4)+1
3.新潟(3)0
4.横浜FM(1)0
5.柏(1)-1
6.川崎F(1)-1
7.鳥栖(0)-1

●ナビスコ杯2016特設ページ


TOP