beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

開始早々の失点も…京都が逆転勝利で今季初勝利! 山形は未勝利で単独最下位に

このエントリーをはてなブックマークに追加
[4.3 J2第6節 京都3-2山形 西京極]

 京都サンガF.C.がホームでモンテディオ山形を3-2で下し、今季初勝利を挙げた。一方で山形はこれで開幕から6試合勝利なし(2分4敗)となり、3連敗となった。

 試合は開始直後に動いた。前半2分、山形が敵陣でボールを奪い、MFディエゴのスルーパスに反応したFW大黒将志がPA内左から左足ダイレクトシュート。これはGK菅野孝憲に止められたが、すぐに立ち上がってこぼれ球を右足で無人のゴールに決め、大黒がレンタル元の京都から先制点を奪った。

 1点ビハインドの京都だが、徐々に流れを引き寄せると前半38分に同点に追いつく。MF堀米勇輝のパスを受けたFWダニエル・ロビーニョがPA内右の深くまで侵入して思い切りよく右足を振り抜く。角度はなかったが、GK山岸範宏の股を抜けて左サイドネットに突き刺さり、試合を振り出しに戻した。

 さらに攻勢を強める京都は前半終了間際のアディショナルタイム2分、右サイドを抜け出したロビーニョが折り返したボールをFWイ・ヨンジェが右足でゴール左隅に流し込み、2-1。京都は前半のうちに逆転に成功した。後半3分にはイ・ヨンジェがPA左のゴールライン際から折り返したボールをロビーニョがスルーし、MF堀米勇輝が細かいタッチから左足でゴールに流し込み、3-1と後半開始早々にリードを広げた。

 初勝利を諦めない山形は後半29分、MF汰木康也の右CKからDF栗山直樹が放ったヘディングシュートはGK菅野に止められたが、こぼれ球に反応したFW林陵平が左足で豪快に押し込み、1点差とした。しかし、反撃もここまで。山形はあと一歩及ばず、2-3で敗戦。この日、21位で並んでいた水戸が勝利したため、山形が単独の最下位となってしまった。

●[J2]第6節 スコア速報



TOP