beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ラウドルップ氏、ネイマールが相手を挑発していたと批判「なぜ自陣で足裏を使う?」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラウドルップ氏がネイマールを批判

 レアル・マドリーバルセロナヴィッセル神戸などでプレーした元デンマーク代表のミカエル・ラウドルップ氏が、バルセロナFWネイマールのプレーを批判した。

 スペイン『Beinスポーツ』で、17日のリーガ・エスパニョーラ第4節レガネス対バルセロナ(1-5)の解説を務めたラウドルップ氏は、ネイマールが足裏を使ったプレーでレガネスを挑発していたと指摘。ネイマールがレガネスMFルイス・サストレからファウルを受けた際に、次のようにコメントした。

「しかし、彼はなぜ自陣でボールを踏んでいるんだ?(相手を)挑発しているよ。パスを出して、違うポジションに移動すべきだ!」

「4-0で勝っているときにボールを踏み、ライバルを挑発するなどもってのほかだよ」

 バルセロナファンはラウドルップ氏のこの発言についてソーシャルネットワーク上で異論を唱え、また同氏が得点を重ねるバルセロナを一切褒めなかったことを非難している。

●リーガ・エスパニョーラ2016-17特集
世界のサッカー情報はgoal.com


TOP