beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ブッフォン、“口にできなかった”クラブから思わぬプレゼント

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルシアMGファンのGKジャンルイジ・ブッフォン

 ユベントスのGKジャンルイジ・ブッフォンボルシアMGからプレゼントを贈られたようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた内容をもとにドイツ『キッカー』が伝えている。

 同紙によると、ユベントス16シーズン目を迎えるブッフォンが、実はボルシアMGのファンだったという。本人も「6歳の時にボルシアMGにハマったんだ。ただ、子供の時はそれを口にすることができなかったけどね」とファンだったことを告白。1年前のUEFAチャンピオンズリーグでボルシアMGと対戦した際には、相手のファンにタオルマフラーを自分のクラブのものと交換してくれるよう頼んだが、ブッフォンのボルシアMG好きを知らないファンはこれを断ったようだ。

 その後、コアなボルシアMGファンがスタジアム職員の立ち会いのもとでブッフォンに謝罪し、タオルマフラーをプレゼント。そして1年経った今回、改めてボルシアMGからブッフォンに当時の謝罪と、イタリア語に翻訳された感謝のメッセージが贈られたとのことだ。

●ブンデスリーガ2016-17特集
●セリエA2016-17特集


TOP