beaconbeacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“来季の目玉”大学3年生で入団内定!!磐田が筑波大FW中野誠也の18年入団を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

筑波大FW中野誠也のジュビロ磐田への入団内定が発表になった

 ジュビロ磐田は27日、筑波大FW中野誠也(3年=磐田U-18)の来季入団内定を発表した。

 磐田が来季の目玉の獲得に早くも成功した。中野は静岡県出身で、高校まで磐田の下部組織でプレー。プリンスリーグ東海で得点王を獲得するなど、中心選手として活躍した。大学進学後は全日本大学選抜でもプレー。昨年12月に行われた全日本大学選手権では決勝戦でハットトリックを決めるなど、4試合で8得点を決め、大会最優秀選手に選ばれていた。

 選手としての特長は172cmと小柄だが、抜群の得点感覚を備え、クラブも「スペースの大小に関わらず背後を狙い、動き出しのタイミングの良さを持ち味としたセンターフォワード」と評価。日本代表MF香川真司(ドルトムント)に似たルックスでも注目を集めている。

 大学3年生のこの時期に異例の入団内定を発表した中野は「中学校、高校時代と6年間お世話になったクラブで、プロサッカー選手としてのキャリアをスタートできることを大変嬉しく思っています。今までご指導頂いた指導者の方々、応援してくださった全ての方々に感謝の気持ちを持ってプレーし、1日でも早く磐田の力になれるよう頑張ります」とコメントした。



TOP