beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

先制許すも華麗に逆転!! ホームで先勝のレアルが8強入りに前進

このエントリーをはてなブックマークに追加

レアル・マドリーはホームで逆転勝利を収めた

[2.15 欧州CL決勝T1回戦第1戦 R・マドリー3-1ナポリ]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は15日、決勝トーナメント1回戦第1戦を行い、レアル・マドリー(スペイン)とナポリ(イタリア)が対戦。試合は前半を1-1で折り返したものの、後半にホームのレアルが2点を奪って3-1の勝利を収めた。ナポリのホームで開催される第2戦は3月7日に行われる。

 試合開始直後にレアルが好機を創出するが、FWクリスティアーノ・ロナウドとのパス交換からPA内でFWカリム・ベンゼマが放ったシュートはGKペペ・レイナに阻まれてしまう。すると同8分、MFマレク・ハムシクが縦パスを送ると、GKケイラー・ナバスのポジションを見極めたFWロレンツォ・インシーニェが意表を突いたミドルシュートでネットを揺らし、ナポリが先制に成功した。

 しかし、前半18分にレアルが同点に追い付く。MFトニ・クロースのサイドチェンジを右サイドで受けたMFハメス・ロドリゲスがバックパスを送ると、DFダニエル・カルバハルのアウトにかけたクロスをベンゼマがヘディングで叩き込み、試合を振り出しに戻した。

 勝ち越しを狙うレアルは前半28分、ベンゼマとのワンツーで前線に上がったMFルカ・モドリッチのスルーパスからC・ロナウドが好機を迎えたが、左足で放ったシュートは枠を捉え切れず。さらに同42分にはカルバハルのパスから右サイドを駆け上がったC・ロナウドのグラウンダーのクロスをベンゼマがダイレクトで合わせてゴールを脅かすも、ボールはポストを叩いてネットを揺らすには至らなかった。

 1-1のまま後半を迎えると、後半4分にレアルが勝ち越しに成功する。J・ロドリゲスのパスを右サイドで受けたC・ロナウドが敵陣深い位置までボールを運ぶと、マイナスのパスをクロースが狙い澄ませた右足のシュートでゴールを陥れ、スコアを2-1とした。さらに同14分にはゴール前からこぼれたボールに反応したMFカゼミーロが右足ダイレクトで合わせると、凄まじい勢いで飛び出したボールはネットに突き刺さってリードは2点差に広がった。

 反撃に出たいナポリは後半25分、FWホセ・カジェホンの落としに反応したFWドリース・メルテンスが好機を迎えるが、シュートは枠上に飛んでしまう。その後、レアルに追加点こそ生まれなかったものの、ナポリの反撃も許さずに3-1で先勝した。


●欧州CL16-17特集
●リーガ・エスパニョーラ2016-17特集


TOP