beaconbeacon
TOP > NEWS > 記事詳細

イブラがマンUで初ハット達成!! ポグバ兄のサンテティエンヌに快勝でEL16強入りに前進

このエントリーをはてなブックマークに追加

ズラタン・イブラヒモビッチのハットトリックでユナイテッドが先勝

[2.16 EL決勝T1回戦第1戦 マンチェスター・U 3-0 サンテティエンヌ]

 ヨーロッパリーグ(EL)は16日、決勝トーナメント1回戦第1戦を行った。マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)はホームでサンテティエンヌ(フランス)と対戦し、3-0で先勝した。第2戦は22日にサンテティエンヌのホームで行われる。

 GKセルヒオ・ロメロとMFマルアン・フェライニが先発出場したユナイテッドは、立ち上がりからサンテティエンヌの前からのプレスに苦しむ。さらに守備の要DFエリック・バイリーにパスミスが多くみられ、サンテティエンヌに多くのチャンスを作られた。それでも、前半15分にエースが先制点を挙げる。

 ユナイテッドは左45度の位置でFWズラタン・イブラヒモビッチがFKを獲得すると、自ら壁の下を狙って右足を振り抜く。予想に反して壁は飛ばなかったが、コースが変わったボールがGKの逆に転がり、ゴールに吸い込まれた。前半25分には、兄弟対決のMFポール・ポグバの浮き球パスで完全に抜け出したMFフアン・マタが左足ボレー。同31分には、FWアントニー・マルシャルがドリブル突破から左足シュートを放つも追加点は奪えず、前半を1-0で終えた。

 後半開始からフェライニを下げてMFジェシー・リンガードを投入したユナイテッド。同24分、左サイドのFKからDFダレイ・ブリントがGKが飛び出せない絶妙なクロスを送り、ポグバが頭で合わせるもクロスバーを直撃。なかなか追加点を奪えなかったが、同30分、途中出場のFWマーカス・ラッシュフォードが左サイドを突破し、ライン際から中央に折り返す。GKが弾いたボールがイブラヒモビッチの足もとに入り、難なく右足でゴールに流し込み、2-0とリードを広げた。

 さらにユナイテッドは後半42分、イブラヒモビッチがPKを獲得。これを自らゴール左隅に決めて、移籍後初のハットトリックを達成した。試合はそのまま3-0でユナイテッドが勝利。22日に敵地で第2戦を行うが、ベスト16入りをほぼ確実なものとした。


●EL16-17特集
●プレミアリーグ2016-17特集


TOP