beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[デンチャレ]全日本に4失点、福岡大の新主将・九州選抜のDF三浦「終わり10分、始まり10分で差が…」

このエントリーをはてなブックマークに追加
[2.17 第31回デンソーカップチャレンジサッカー刈谷大会 全日本選抜4-0九州選抜 刈谷]

 終わってみればシュート数は0-4の零封負け。シュート数でも4対20と大きく差が開いた。九州選抜は全日本大学選抜に敗れ、初戦を白星で飾ることはできなかった。前半こそ押し込まれながらも耐えて、反撃するシーンがあったものの、前半ラスト5分に先制されると後半に4失点した。

 自ら立候補して九州選抜でキャプテンマークを巻くDF三浦秀弥(福岡大3年=九州国際大付高)は「失点するまではゲームの内容的に悪くはなくて。後ろは粘り強く、攻撃でもチャンスがつくれるようになっていたんですが……連携ミスから失点してしまって。そこが悪かったなと思います」と唇を噛んだ。

 開始4分までに二度ほどCKのチャンスを得たがゴールにはつなげず。前半18分には中央からMF樋口雄太(鹿屋体育大2年=鳥栖U-18)が持ち込み、受けたMF今村一希(福岡大2年=東海大五高)が左サイドへパス。裏へ抜けたDF福森勇太(鹿屋体育大2年=山梨学院高)が角度のない位置からシュートを狙うがわずかに枠を外れた。

 その後もMF佐々木亜門(福岡大3年=福岡U-18)を中心にショートパスをつなぎ、バイタルエリアで仕掛けたがシュートでは終われず。前半34分には福森の左クロスからファーサイドの今村がボレーで狙ったがDFにクリアされた。押し込まれるシーンではGK末次敦貴(東海大熊本2年=長崎日大高)が相手の強烈なシュートを弾くなど奮闘。攻守噛み合う戦いぶりだったものの、前半40分に失点。敵陣左サイドでボールを失い、カウンターを許すと先制された。

 そして迎えた後半は9分までに連続で2失点。一気に0-3とされると反撃ならず。後半31分には4失点目。CB三浦のコントロールが大きくなってしまったところを相手FW中野誠也(筑波大3年=磐田U-18)に奪われ、GKとの1対1を決められた。終わってみれば0-4の零封負けだった。

 失点に絡んでしまった三浦は「完全に狙われていて、GKとの連携ミスもあり、まだまだ甘かったかなと反省です」と悔しさをのぞかせ、「終わり10分、始まり10分。そこの集中力の問題などで差が……」と話した。

 初戦を落とした九州選抜はあす18日の試合では北海道・東北選抜と戦う。福岡大の新主将を務めるDFはこんなところで落ち込んではいられない。三浦は「しっかり切り替えて、明日へ向けていい準備をして。残りの試合全てに勝って5位で大会を終えたい」と前を向いた。

(取材・文 片岡涼)
●第31回デンソーカップチャレンジ刈谷大会特集


TOP