beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[MOM429]関東選抜A・FW鈴木国友(3年)_大舞台に強いストライカーが逆転優勝決める劇的ヘッド!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

値千金の決勝点を決めた鈴木国友

[2.19 第31回デンソーカップチャレンジサッカー刈谷大会・決勝 全日本1-2関東A 刈谷]

 すべての準備は整っていた。関東選抜Aは決勝で全日本大学選抜と対戦。先制されるも追いつき、1-1で試合は進む。そして後半アディショナルタイム3分、ラストワンプレーで左CKを獲得。ここからのボール、途中出場の関東AのFW鈴木国友(桐蔭横浜大3年=相洋高)が頭で叩き込んだ。今大会無得点が続いていたが「決勝でやります!」と宣言し、チャンスに備えていたFWが渾身の一撃。鈴木のゴールが決勝点となり、関東Aが10年ぶりの優勝を飾った。

 今季の関東大学リーグではチーム最多7発を決める活躍。残留のかかる大一番・早稲田大戦でも得点を決めるなど、桐蔭横浜大を支えた。また湘南ベルマーレへの練習参加を重ねるなど高いレベルでのトレーニングで経験を重ねたことで、今回のデンチャレは「リーグ戦で結果を残して、プロの練習にも参加して自信を持って臨んだ大会」だった。

 しかし蓋を開けてみれば、自身のゴールに恵まれない。初戦の中国・四国選抜戦でチームは5-1で勝利したものの、先発した鈴木は不発。5得点中3得点の起点となったが、自らのシュートではネットを揺らせなかった。続く2回戦の関西選抜戦はベンチスタート。3-1で勝利したが、自身は後半アディショナルタイム2分に投入されるに終わった。

 ゴールから遠ざかるなか、関東AのチームメイトであるFW土居柊太(明治大3年=浜松開誠館高)、MF渡邉新太(流通経済大3年=新潟ユース)、FWディサロ燦シルヴァーノ(法政大2年=三菱養和SCユース)はそれぞれ1戦2発と結果を残していた。これを横目に見ては「めっちゃもどかしかったです」と言う。

「初戦のチームが関東Aのベストメンバーだと自分では思っていた。そこで点が取れなかったのが今大会の一番の反省。そのなかで新太や土居が2点をとって、2試合目ではレレ(ディサロ)が2点を取って……チームが勝ったことは嬉しかったんですけど、正直自分の中にもどかしさはずっとあったので、最終戦にかける思いは強くなっていました」

 そして迎えた大会最終日の決勝・全日本大学選抜戦。はやる想いとは裏腹に鈴木はベンチスタート。「正直辛い気持ちはありました」と言うが「三浦さんが選んだ人こそがベストメンバー」と自らに言い聞かせ、仲間を盛り立てた。チームは前半17分に失点したが同28分に追いつき、一進一退の攻防が続いた。

 鈴木の出番がやってきたのは後半26分。名前を呼ばれた瞬間に嬉しくて仕方がなかった。三浦佑介監督からは「点を取って来い」「相手CBの二枚が裏への対応が良くないから、そこを突いていけ」と指示された。「相手にたくさんチャンスも作られていたんですけど、みんなが超身体を張っていた。レレも悪くなかったけど、そこで代わったので。だからこそ結果を出さないととは思っていました」。チームのために点を取ると強く誓い、果敢にゴールを目指した。後半39分にはドリブルで持ち込みフリーでシュートを放つシーンもあったが、打ち上げてしまう。

 それでも後半終了間際のアディショナルタイム3分、まさにラストワンプレーの場面で鈴木は大仕事をやってのけた。MF西澤健太(筑波大2年=清水ユース)からの左CK、ニアサイドへ飛び込んだ鈴木は相手GKの前からヘディングシュートを叩き込んだ。まさに値千金の決勝点。すぐに決まったかどうかはわからなかったが、駆け寄ってくる仲間を見て、ゴール内に落ちたボールを見て、「あ、入ったんだ」と理解した。

「相手のストーンが三笘(薫)に代わって、そんなにサイズがなかった。自分のマークも輝一(矢島)だったので、“よーい、どん”でやればスピードでは勝てるかなと。最初はファーに釣っておいて、ニアに走り込んだ感じでした」。待望の今大会初得点。「素直に嬉しかった」と鈴木は破顔する。

 劇的なゴールでチームを戴冠に導いたものの、試合後ふと冷静になった鈴木は「今大会は自信や手応えを持って臨んでいたので、結果を残せば全日本にも入れると思っていた。そういう意味では自分は結果を出せなかったし、いいプレーをできなかった。そこにもどかしい気持ちはありますね」と悔しさをのぞかせた。

 今後は桐蔭横浜大へ戻り、4月の関東大学1部リーグ開幕へ備えていく。今季の活躍次第でプロ入りの選択肢は一段と広がっていくはずだ。「リーグ開幕まで2か月あるので、この悔しさをここで終わらせず、自分はチームに持ち帰りたい。目に見える結果が必要なのでゴールにこだわっていければ、リーグ戦ではもっと点を取れるかな」。決勝の大舞台で輝きを放ったストライカー。“持っている男”は進化を止めない。


(取材・文 片岡涼)
●第31回デンソーカップチャレンジ刈谷大会特集


TOP