beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

サガン鳥栖、コロンビア代表FWイバルボを獲得か…ブラジルW杯にも出場

このエントリーをはてなブックマークに追加

 サガン鳥栖がカリアリに所属するコロンビア代表FWビクトル・イバルボの獲得に近づいているようだ。イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』など、複数メディアが9日に報じた。

 報道によると、イバルボは9日のトレーニングを欠場。かつての恩師でもある、マッシモ・フィッカデンティ監督が指揮を執る鳥栖への移籍に近づいているという。すでに交渉は水面下で進められており、公式発表を残す段階にあると伝えられている。

 現在26歳のイバルボは、2011年に母国のアトレティコ・ナシオナルからカリアリに加入。3シーズン半に渡って主力としてプレーした。2015年1月にローマへレンタル移籍したもののポジションを掴むことはできず、同年9月にはワトフォードへレンタル移籍。その後もアトレティコ・ナシオナル、パナシナイコスとイタリア国外をレンタルで転々とし、2017年1月末にカリアリへ復帰していた。同選手はコロンビア代表としても活躍しており、2014年のブラジル・ワールドカップや2015年のコパ・アメリカにも出場している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
世界のサッカー情報はgoal.com



TOP