beaconbeacon
TOP > NEWS > 記事詳細

齋藤学復帰の横浜FMはチャンス生かせず痛恨ドロー…新潟は開幕4戦未勝利に

このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜FMのMF齋藤学がドリブルで切れ込む

[3.18 J1第4節 横浜FM1-1新潟 日産ス]

 J1リーグは18日、第4節を行い、横浜F・マリノスはホームでアルビレックス新潟と対戦し、1-1で引き分けた。横浜FMは開幕2連勝後、2試合勝ちなし(1分1敗)。新潟は敵地で勝ち点1を獲得し、連敗を2で止めたが、開幕から4戦未勝利(2分2敗)となった。

 横浜FMは前節の鹿島戦(0-1)から先発3人を変更。故障明けのMF齋藤学が2試合ぶりに先発したほか、FWウーゴ・ヴィエイラ、MF中町公祐が今季リーグ戦初先発となった。
 今季公式戦未勝利の新潟は前節・清水戦(0-2)から先発2人を変更。GK大谷幸輝、FWチアゴ・ガリャルドが今季リーグ戦初先発となり、15日のルヴァン杯・鳥栖戦(2-2)に続いて先発した。[スタメン&布陣はコチラ]

 横浜FMは前半4分、中盤でボールを受けたMFダビド・バブンスキーが素早く前を向いて右サイドに展開。MFマルティノスが左足で上げたクロスにウーゴ・ヴィエイラが飛び込み、右足ボレーで合わせたが、大谷のファインセーブに阻まれる。その後もボールポゼッションを高め、試合の主導権を握るが、決定機には至らなかった。

 徐々に押し返す新潟は前半22分、MF加藤大の左FKをニアサイドのFWホニが頭でそらすが、DFにクリアされる。このプレーで獲得した左CK。チアゴ・ガリャルドのキックから中央のDF矢野貴章が落とし、MF山崎亮平がPA手前から右足を振り抜いたが、ゴール左に外れた。

 均衡が破れたのは前半33分だった。横浜FMは右サイドでパスを受けたマルティノスがドリブルで中に切れ込み、左足を一閃。弾丸ミドルをゴール左隅に突き刺し、今季初ゴールとなる先制点を奪った。

 勢い付く横浜FMは直後の前半36分にもカウンターから齋藤がドリブルで切れ込み、右足ミドル。しかし、これは大谷の好セーブに阻まれ、同39分、MF天野純の左クロスにフリーで合わせたウーゴ・ヴィエイラの右足ボレーも枠を捉えられなかった。

 相次ぐ決定機を逃した横浜FM。すると、一つのミスから同点に追いつかれてしまう。前半40分、中町がGKに向かってバックパスすると、DF中澤佑二とGK飯倉大樹が“お見合い”。すかさずホニがボールをカットして飯倉をかわし、無人のゴールに流し込んだ。今季、クルゼイロ(ブラジル)から加入した21歳に待望のJリーグ初ゴールが生まれ、新潟が1-1の同点に追いついて前半を折り返した。

 後半立ち上がりは再び横浜FMが新潟陣内に攻め込む時間が続くが、2点目が遠い。劣勢の新潟は後半19分、チアゴ・ガリャルドに代えてFW鈴木武蔵を投入。鈴木は中盤の左サイドに入り、山崎が2トップの一角にポジションを上げた。一方の横浜FMは同27分にウーゴ・ヴィエイラを下げ、FW伊藤翔が1トップに入った。

 互いに決め手を欠く展開が続き、新潟は後半32分、MF原輝綺に代えてMF本間勲、横浜FMは同34分にDF松原健に代えてMF遠藤渓太を投入。両チームが次々と選手を入れ替えると、新潟は後半38分、最後の交代カードでホニに代えてFW田中達也をピッチに送り込んだ。

 いずれも途中出場で今季すでに公式戦4ゴールを決めているスーパーサプを投入した新潟に対し、横浜FMは後半41分、マルティノスに代わってMF前田直輝が入る。1分後の42分にはその前田の右クロスを中町が頭で折り返し、遠藤が左足ボレーで狙うが、大谷がビッグセーブ。試合はそのまま1-1でタイムアップを迎え、勝ち点1を分け合った。

(取材・文 西山紘平)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第4節1日目 スコア速報



TOP