beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

連係ミスから同点ゴール献上…横浜FM飯倉「事故的な失点」

このエントリーをはてなブックマークに追加

連係ミスから同点ゴールを許したGK飯倉大樹

[3.18 J1第4節 横浜FM1-1新潟 日産ス]

 痛恨の失点だった。横浜F・マリノスは1-0の前半40分にミスから同点に追いつかれた。MF中町公祐が浮き球でバックパスすると、GK飯倉大樹とDF中澤佑二がまさかの“お見合い”。2人の間でボールがイレギュラーにバウンドしたこともあり、すかさず詰めてきたFWホニにボールを奪われた。

「ピッチコンディションもあってボールが止まった」。失点シーンを振り返る飯倉は「あのプレーは必要なかったと思うし、もったいない」と唇をかみながらも、「こういう事故的な失点はシーズンを通してある。引きずる必要はない」と、努めて前を向いた。

 被シュートはわずか5本。そのうち唯一、許した枠内シュート1本が失点につながった。アンラッキーもあって追いつかれたが、チームとして追加点を取るチャンスはあっただけに、「2点目を取れなかったことが一番。勝ち点2を落とした試合」と、引き分けという結果に悔しさをにじませた。

(取材・文 西山紘平)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第4節1日目 スコア速報



TOP