beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[新人戦]立正大淞南と岡山学芸館が中国大会決勝進出!

このエントリーをはてなブックマークに追加

聖光高立正大淞南高

 第9回中国高校サッカー新人大会(広島)は19日に準々決勝と準決勝を行い、立正大淞南高(島根1)と岡山学芸館高(岡山1)が決勝へ進出した。
 
 まず午前中に行われた準々決勝で立正大淞南は境高(鳥取3)に7-0で快勝。岡山学芸館は前半6分にMF栗元温海が先制点を決めるなどプレミアリーグWEST勢の米子北高(鳥取1)に3-0で快勝した。また聖光高(山口2)が倉敷翠松高(岡山2)に1-0で勝利。そして昨年準優勝の瀬戸内高(広島2)は松江南高(島根3)を1-0で破った。

 そして午後の準決勝で立正大淞南は延長前半終了間際にFW安野真央が決めた決勝PKによって聖光に2-1で勝利。また岡山学芸館は瀬戸内を3-1で下して決勝進出を決めている。

 大会最終日の20日、決勝と3位決定戦が行われる。

【準決勝】
聖光高 1-2(延長)立正大淞南高
岡山学芸館高 3-1 瀬戸内高

【準々決勝】
聖光高 1-0 倉敷翠松高
境高 0-7 立正大淞南高
米子北高 0-3 岡山学芸館高
松江南高 0-1 瀬戸内高


TOP