beaconbeacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[新人戦]新2年生のドリブラー・松嶋辰之輔がインパクト十分の動き!聖光は中国準決勝敗退も強豪相手に好勝負演じる

このエントリーをはてなブックマークに追加

鋭いドリブルで脅威となった聖光高MF松嶋辰之輔

[3.19 中国高校新人大会準決勝 聖光高 1-2(延長)立正大淞南高 山陽高G]

 聖光高(山口3)は大会直前にインフルエンザが流行した影響で10番FW神垣凌人(新3年)が欠場するなどベストコンディションには程遠い状況。それでも広島1位の山陽高と岡山の実力派・倉敷翠松高を連破して準決勝へ駒を進めると、その準決勝でもV候補の立正大淞南高(島根)相手に好勝負を演じて見せた。

 この日午前中に行われた準々決勝からバックライン全員とGKも変更。それでも、本来は控えというGK有福光太朗(新3年)が好守を見せて、山本秀和監督が期待したフィードの面でも効果を発揮する。また入れ替わったディフェンスラインの選手達も球際厳しい守りで健闘。そして攻撃面では、右膝のケガの影響で準々決勝を欠場していた2年生のドリブラーMF松嶋辰之輔がインパクト十分の活躍をして見せた。

 前半5分、カウンターから右サイドを一人で持ち上がった松嶋はFW野呂颯馬(新3年)の先制点をアシスト。「自分のスピードの良さを活かして、後はボールを上げたら先輩が詰めてくれたので良かったです」と振り返ったプレーで波に乗ると、その後も積極果敢な仕掛けを繰り返す。

 強豪・立正大淞南DF陣を持ってしても、CKやFKに逃げるのがやっとというシーンが続いたほど。「楽しみながらできたので自分的には良かったと思います。ドリブルばっかりしていたけれど、(DFが寄せて)来たのパスでさばいたり、空いたところでドリブルしたり自分の良さを出そうと思っていた」。

 後半半ばなど思うようにプレーをさせてもらえなかった時間帯もあったが、それでも後半終盤に相手GKの位置をよく見てループシュートを狙ったり、延長戦でも「先輩たちが上手くスペース開けてくれる」ことを活かして個人でボールを運んでシュートを打ち切るなど危険な存在で有り続けた。

 山本監督が「股抜いたりやらしいですね。駆け引きもできる」と評する松嶋は昨年、国体山口県選抜を全国大会へ導いた一方でケガにも悩まされた。だからこそ、今年は「去年ケガが多かったのでケガしないで自分の良さ出してインターハイ、選手権で全国へ行きたいと思います」と意気込む。

 昨夏発症したケガの影響で出場機会が限定されている松嶋個人としても、チームとしてもこの日の戦いは今後への自信に。チームは選手層の厚さを印象づけただけに山本監督は「ジワリジワリ、底上げができていたんだなと。ここから競争が大変ですけれどね。逆にレギュラー陣は焦ったでしょうね」と嬉しい悲鳴を上げていたが、注目ドリブラーはチームメート達との競争によってより成長を遂げて全国舞台に立つ。

(取材・文 吉田太郎)


TOP