beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[新人戦]MF佐々木2発!まとまりで戦う瀬戸内、聖光の追撃かわして中国3位に

このエントリーをはてなブックマークに追加

激しく競り合う瀬戸内高CB蛯谷空良(左)と聖光高MFMF松嶋辰之輔

[3.20 中国高校新人大会3位決定戦 聖光高 1-2 瀬戸内高 広島スタジアム]

 20日、第9回中国高校サッカー新人大会(広島)3位決定戦が行われ、瀬戸内高(広島2)が2-1で聖光高(山口3)に競り勝った。

 試合は序盤から瀬戸内が聖光ゴールを激しく攻め立てた。前線へシンプルにボールを入れながら、拾ったボールをMF吉田寛太(新2年)がサイドへ振って崩しにかかる瀬戸内の攻撃の前に聖光は後手を踏んでしまう。「寄せるのか、跳ね返すのか迷ったところでセカンドボールを拾われた」(聖光・山本秀和監督)という聖光を押し込んだ瀬戸内は7分に先制点を奪う。

 MF藤原雅弥主将(新3年)の左クロスをDF間で上手く胸コントロールしたMF佐々木達也(新2年)がDFラインの背後へ抜け出すと、そのまま左足で決めてリードを奪う。その後も縦への突破鋭い藤原と佐々木がチャンスメーカー役となって攻めた瀬戸内攻勢の時間帯が続いたが、聖光は1チャンスを活かして同点に追いつく。

 14分、準決勝の立正大淞南高戦でも抜群の存在感を見せていたドリブラー、MF松嶋辰之輔(新2年)が右サイドから中央へドリブルで持ち込むと、PAで縦へ切れ込んだところをファウルで止められてPK獲得。このPKを松嶋が自ら右足で決めて1-1となった。

 だが、瀬戸内ペースは変わらない。MF半田拓巳(新3年)がインターセプトからすかさずミドルシュートを打ち込んだり、FW北村友和(新3年)の高さを活かした攻撃などによって攻め続ける。一方の聖光も前線で健闘するFW野呂颯馬(新3年)からのパスを受けたMF橋本陸人(新3年)がミドルシュートにチャレンジするなど対抗。だが、瀬戸内は前半終了間際の33分、右サイドからマークするDFの背中を狙ったドリブルで切れ込んだ佐々木が、カバーのDFも強引に抜き去ると、そのままニアサイドのゴールへ右足シュートを突き刺した。
 
 前半は主導権を握っていた瀬戸内が2-1とリードして終了。それでも後半は「あれだけ前に畳み掛けていて、自分らは前半で勝負を決めないといけない。広島県の県大会から決めきれないことは課題だった」と藤原が首を振った瀬戸内から、「(前半は守りが中途半端だったため)前からはっきり行こうと」(山本監督)と徹底した聖光へ試合の主導権が移る。各選手が前半よりも一つ前の段階、一歩深く相手に寄せることを意識した聖光は相手の攻撃を食い止めると7分、DF2人をいなして前進した松嶋のラストパスから交代出場のMF松田優成(新3年)が左ポスト直撃の左足シュート。直後の8分には左オープンスペースへ抜け出した松嶋がドリブルで持ち込んで放った右足シュートが再び左ポストを叩く。

 瀬戸内も11分にセカンドボールを拾った藤原の右足シュートがゴールを脅かすが、聖光は18分に三度目の同点機。左サイドから中央へ切れ込んだ松嶋のスルーパスに反応した松田が右足を振り抜いたが、ボールはファーサイドのポストをかすめて外側へ。聖光は交代出場したMF河野宏哉(新3年)やMF和田格(新3年)が中盤でリズムを作り、松嶋が相手を相手の裏をかくようなラストパスを狙う。だが、まとまり良く戦う瀬戸内はCB蛯谷空良(新3年)を中心に局面で人数をかけた守り。我慢強く1点リードを守った瀬戸内が3位で大会を終えた。

 瀬戸内の安藤正晴監督は疲労が溜まった時間帯での精度などまだまだ課題があることを指摘する一方で、「彼らも(1学年上の)先輩たちが上手かったので、力が無いからとにかくまとまりたいという思いがあるみたいなので、それを強みにしていきたい」と期待する。そして新シーズンへ向けて「しっかり走って、ボール拾って、強い気持ちを持ってゴールを奪う。守り勝つサッカーは難しいと思うので、勇気をもってアグレッシブに行きたい」と語った。

 瀬戸内の選手達は全国高校総体で8強入りした先輩たちに比べると自分達の力が無いことを認識した上で、先輩超えという野心を持って日々成長を目指す。主将の藤原は「総体は必ず全国大会に出て(昨年の)ベスト8は越えないといけない。そして選手権は今まで出たことがないので、より上に行けるようにチームがどうやったら正しい方向へ向かっていけるか、正解の道をキャプテン、副キャプテンで話し合って、チームをよりいい方向へ向けていければいい」と力を込めた。新人戦中国大会は先輩たちの2位には届かなかったが、プリンスリーグや総体、選手権で先輩達以上の結果を残す。

(取材・文 吉田太郎)


TOP