beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プレミアリーグEAST]清水ユースが昨季2冠のFC東京U-18に劇的勝利!横浜FMユースと大宮ユースはドロー発進:第1節1日目

このエントリーをはてなブックマークに追加
高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグEAST

 高校年代最高峰リーグ『高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグEAST』が8日、味の素スタジアム西競技場で開幕した。

 第1試合は、昨年4位の大宮アルディージャユース(埼玉)と同5位の横浜F・マリノスユース(神奈川)が対戦した。試合はスコアレスのまま後半に突入し、迎えた同21分、大宮はMF植松亮がDF吉永昇偉とのパス交換からPA左に侵入。左足シュートをゴール右隅に流し込み、先制した。しかし、終了間際の45分、横浜FMはMF堀研太のFKからMF山田康太がヘディングシュートを決めて土壇場で追いつく。試合はそのまま1-1で終了。開幕試合は勝ち点1を分け合う結果に終わった。

 昨年、日本クラブユース(U-18)選手権とJユースカップの2冠を獲得しているFC東京U-18(東京)は、クラブユース選手権で決勝で対戦した清水エスパルスユース(静岡)と対戦。前半17分に清水が先制する。FW平墳迅がセンターサークル付近からロングシュートを決めてリードを奪った清水に対し、FC東京は25分にU-20日本代表MF久保建英が鮮やかな直接FKを決めて同点に追いつく。だが、清水は直後の28分にMF滝裕太がゴール正面からのFKを直接決め返して、2-1で前半を折り返した。

 1点を追うFC東京は後半21分、自陣でボールを受けたU-17日本代表MF平川怜が中央を突破。そのまま右足シュートをゴール左隅に流し込み、同点に追いつく。しかし、後半アディショナルタイム4分、清水はFW鈴木魁人が左足で決勝点をねじ込んで3-2で劇的勝利。点の取り合いとなった壮絶な初戦を制した。

 なお、第1節の残りの3試合は9日に味の素スタジアム西競技場で行われる。

 以下、試合結果と日程

(4月8日)
[味の素スタジアム 西競技場]
大宮アルディージャユース 1-1 横浜F・マリノスユース
[大]植松亮(66分)
[横]山田康太(90分)

FC東京U-18 2-3 清水エスパルスユース
[F]久保建英(25分)、平川怜(66分)
[清]平墳迅(17分)、滝裕太(28分)、鈴木魁人(90分+4)

(4月9日)
[味の素スタジアム 西競技場]
浦和レッズユース 10:30 青森山田高
柏レイソルU-18 13:00 京都サンガF.C.U-18
市立船橋高 15:30 鹿島アントラーズユース


●2017 プレミアリーグEAST


TOP