beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「今日は決めてやろうと思っていた」 千葉MF高橋壱晟、“有言実行”のJ初ゴール

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロ初ゴールを記録したジェフユナイテッド千葉MF高橋壱晟

[4.8 J2第7節 千葉1-1群馬 フクアリ]

 前節から得点の匂いをプンプン漂わせていた。そして迎えたプロ6試合目、ジェフユナイテッド千葉MF高橋壱晟はJリーグ初ゴールを叩き込んだ。

 今季、青森山田から千葉に加入したばかりだが、開幕スタメンを勝ち取り、5試合に先発出場。前節京都戦ではポスト直撃のシュートでゴールを脅かすなど得点の匂いを漂わせていた。「前の試合で良いシュートが打てていたので、今日は決めてやろうと思っていた」。強い決意を持って臨んだ群馬戦でも先発出場を果たすと、0-1と1点のビハインドを背負って迎えた後半22分に待望の瞬間が訪れる。

 中盤でボールを受けたMF町田也真人のスルーパスに反応して、右サイドからDF北爪健吾がPA内へと進入。「サイドを崩していたので、ゴール前にしっかり入ろうと思っていた」と走り込むと、「良いボールだったので、流し込むだけだった」と北爪の折り返しを右足で合わせてネットを揺らした。

 ついに生まれたプロ初ゴールに、「本当にうれしかったし、やっと決められたという気持ちです。ホームで結果を残したいと思っていたので、それが形になってうれしい」と喜びを表した。

 しかし、試合は1-1で終わり、「ホームなので絶対に勝ち点3がほしかった」と悔しさを滲ませつつも、「追い付いたことで何とか勝ち点1を拾えたので、これを無駄にしないように次はしっかり勝ちたいし、もっともっとゴールを求めてやっていきたい」と視線を次節以降へと向けた。

(取材・文 折戸岳彦)
●[J2]第6節1日目 スコア速報



TOP