beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プレミアリーグEAST]プレミア復帰の浦和ユースが昨年2冠の青森山田に大逆転勝ち:第1節2日目

このエントリーをはてなブックマークに追加
高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグEAST

 高校年代最高峰リーグ『高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグEAST』は9日、第1節2日目の3試合を味の素スタジアム西競技場で行った。浦和レッズユース(埼玉)と柏レイソルU-18(千葉)、鹿島アントラーズユース(茨城)が白星スタートを切った。

 第1試合は、2012年以来のプレミア復帰となった浦和ユースと、昨年2冠(高円宮杯チャンピオンシップ、全国高校選手権)の青森山田高(青森)が激突。試合は青森山田がU-18日本代表MF郷家友太と柏U-18から加入した16年U-19日本代表FW中村駿太のゴールで2点先行する。しかし、浦和ユースは後半19分にU-18日本代表DF橋岡大樹がPKを決めると、その6分後に左CKからMF大西翔也が同点ヘッド。さらに後半38分には、途中出場のU-18日本代表MF井澤春輝が冷静に左足シュートを沈め、3-2で浦和ユースが逆転勝利をおさめた。

 続く第2試合では、昨年7位の柏U-18と、昨年までのプレミアリーグWESTから今年はプレミアリーグEASTへ戦場が移った京都サンガF.C.U-18(京都)が対戦した。前半はスコアレスに終わったが、後半11分に右クロスをU-17日本代表FW森海渡が滑り込みながら右足でプッシュし、柏U-18が先制点。33分には、京都がMF財前淳の右足シュートで同点に追いついたが、柏U-18は36分に右CKからファーサイドに走り込んだ森が頭で押し込んで勝ち越し、2-1で接戦をモノにしている。

 第3試合では、16年度全国高校総体覇者の市立船橋高(千葉)と15年のプレミアリーグ王者で昨年8位の鹿島ユースが対戦し、2-1で鹿島ユースが勝利した。鹿島ユースは前半7分に左CKからDF中村勇太が折り返したボールをFW金澤蓮が頭で押し込み、先制点。後半19分にはFKのこぼれ球を最後はMF渡邉伶那斗が右足で決め、リードを広げる。市立船橋は38分にMF郡司篤也が右足でミドルシュートをゴール左隅に突き刺して一矢報いたが、あと一歩及ばなかった。

 以下、第1節結果と第2節日程(予定)

【第1節】
(4月8日)
[味の素スタジアム 西競技場]
大宮アルディージャユース 1-1 横浜F・マリノスユース
[大]植松亮(66分)
[横]山田康太(90分)

FC東京U-18 2-3 清水エスパルスユース
[F]久保建英(25分)、平川怜(66分)
[清]平墳迅(17分)、滝裕太(28分)、鈴木魁人(90分+4)

(4月9日)
[味の素スタジアム 西競技場]
浦和レッズユース 3-2 青森山田高
[浦]橋岡大樹(64分)、大西翔也(70分)、井澤春輝(83分)
[青]郷家友太(40分)、中村駿太(59分)

柏レイソルU-18 2-1 京都サンガF.C.U-18
[柏]森海渡2(56分、81分)
[京]財前淳(78分)

市立船橋高 1-2 鹿島アントラーズユース
[市]郡司篤也(83分)
[鹿]金澤蓮(7分)、渡邉伶那斗(54分)

【第2節】
(4月15日)
[浦和駒場スタジアム]
浦和レッズユース10:00FC東京U-18

[日産フィールド小机]
横浜F・マリノスユース 14:00 柏レイソルU-18

(4月16日)
[青森山田高校]
青森山田高 11:00 市立船橋高

[県立カシマサッカースタジアム]
鹿島アントラーズユース 11:00 大宮アルディージャユース

[清水ナショナルトレーニングセンター(J-STEP)]
清水エスパルスユース 11:00 京都サンガF.C.U-18

※日程は3月発表、変更あり

●2017 プレミアリーグEAST


TOP