beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

爆破事件で負傷したバルトラが術後の経過報告…右腕にギブス、左手首には包帯

このエントリーをはてなブックマークに追加

インスタで回復ぶりをアピールしたDFマルク・バルトラ

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝第1戦のモナコ戦に向かうドルトムントのバスが11日、爆発に巻き込まれた事件で、右腕の橈(とう)骨を骨折し、さらに手からガラスの破片を取り除くために手術を受けたDFマルク・バルトラが、経過が順調であることを報告している。

 バルトラは自身の公式インスタグラム(@marcbartra)に写真を投稿し、「ご覧の通り、かなり良くなってきました。みなさんのサポートとメッセージに感謝しています!」と報告した。右腕にギブス、左手首には包帯を巻いた痛々しい姿。術後の回復ぶりをアピールするために、笑顔で左手の親指を立てている。

「自分の力をチームメイトとサポーター、そしてファンに送りたい」と試合に向けてエールを送ったが、事件翌日の12日に延期された試合はドルトムントが2-3で敗れた。

 当初の開催予定だった11日、スタジアムに向かうためのチームバスが爆発事件に見舞われたドルトムント。キックオフ1時間半前の同日19時15分(日本時間12日2時15分)にバスの近くで3回の爆発があり、この爆発でバスの窓ガラスが割れてバルトラが負傷した。その後、欧州サッカー連盟(UEFA)が試合の順延を発表。爆発の影響でバルトラが手術を受ける事態となっていた。


●欧州組完全ガイド
●欧州CL16-17特集
●ブンデスリーガ2016-17特集


TOP