beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本高校選抜SB三国スティビアエブスは欧州で余裕ある動きも。「順大でアピールして4年後プロになりたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

4年後のプロ入りを誓う日本高校選抜の大型SB三国スティビアエブス

 第95回全国高校サッカー選手権の優秀選手中心に構成された日本高校選抜は4月13日から17日まで第55回デュッセルドルフ国際ユース大会(ドイツ)に出場し、3勝1分1敗の成績で5位に入った。

 登録182cmの大型SB三国スティビアエブス(青森山田高→順天堂大)は外国人選手たち相手にもコンタクトやボールキープ、空中戦で上回っていた一人。その注目DFが日本高校選抜の活動で学んだことや今後活かしたいことについて語った。

以下、三国コメント

●DF三国スティビアエブス
―高校選抜の活動で学んだことについて教えてください。
「自分達が普段チームでやってきたことと他の周りのチームに合わせるというのが、自分達では当たり前だったんですけど、周りにとっては当たり前じゃなかったりとか、そういうところを一個一個修正していくっていうことができたところが成長したかなと思います」

―5位決定戦を見ていても少し、余裕を持ってプレーできていた一人だった。
「プレッシャーに大分慣れて、結構余裕ができました。きょうは10分くらいしか出ていなくて攻撃参加していないんですけれども、守備のところなど結構できたんで、最後の試合はできた方だと思います。もうちょっと自分のところで攻撃できればいいと思います」

―この経験を今後どう活かしていきたい?
「まずチームに持ち帰って、1年目から出れるように。ここで学んだことをしっかりと順大でアピールして4年後プロになりたいです」

(取材・文 吉田太郎)
●日本高校選抜欧州遠征特設ページ


TOP