beaconbeacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「どうしてもメッシのユニフォームが欲しくて」…ボヌッチが試合中に同僚から叱責?

このエントリーをはてなブックマークに追加

レオナルド・ボヌッチリオネル・メッシのユニフォームが欲しかった?

 DFレオナルド・ボヌッチがFWリオネル・メッシにユニフォームの交換を求め、DFジョルジョ・キエッリーニに怒られたと話題になった。イタリア複数メディアが20日、報じている。

 19日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグ、バルセロナユベントスはスコアレスドローに終わり、ファーストレグを3-0で制していたユベントスが準決勝進出を決めた。しかしこの試合中、ボヌッチがメッシに対し試合後にユニフォームの交換に応じてくれるよう執拗に話しかけていたことで、同僚キエッリーニの怒りを買ったというエピソードが伝えられている。

 試合の中継映像にもバルセロナの背番号「10」のユニフォームに執着し、集中力を欠いていたように見えるボヌッチをキエッリーニが叱責し、胸をたたく様子が収められている。メッシは試合中、ボヌッチの要請を無視するそぶりを見せていたものの、試合終了後はボヌッチの希望通りユニフォームの交換に応じた。ボヌッチはこれらの経緯について、『スカイスポーツ』のインタビューで説明している。

「どうしても持って帰って僕のコレクションに加えたかったんだ。きっと息子もサッカーが大好きだから喜んでくれると思う。(キエッリーニとは)試合中の95分間緊張感を保つためにも、何度もお互いにハグしたり、叩きあったりして激励しあう。90分にフリーキックを与えてしまったから僕を元気づけようと叩いただけだ」

 ボヌッチは叱責がユニフォームに関することではなく、キエッリーニとの関係も良好であることを強調した。なおキエッリーニは試合終了後、FWルイス・スアレスとユニフォームの交換を行った。

●欧州CL16-17特集
世界のサッカー情報はgoal.com


TOP