beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

阪南大高や履正社などがベスト8…近大附と金光大阪のプリンス組が6回戦敗退:大阪

このエントリーをはてなブックマークに追加
 平成29年度全国高校総体「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(宮城)の大阪府予選は14日、6回戦を行った。7回戦は21日に行われる。

 前回大会優勝校の大阪学院大高と前々回大会優勝校の大阪桐蔭高との一戦は大阪桐蔭が1-0で勝利。日本高校選抜FW町野修斗擁する前回全国8強の履正社高とU-17日本代表FW大垣勇樹擁する興國高との注目対決は町野の決勝点によって履正社が3-2で逆転勝ちしている。

 6回戦から登場したプレミアリーグWESTの阪南大高は帝塚山泉ヶ丘高に5-3で逆転勝ちし、初戦を突破。また、全国高校選手権4強の東海大仰星高は延長戦の末、1-0で大商学園高を振り切った。その他、関西大一高大阪産大附高、常翔学園高、桃山学院高が8強入り。一方で、プリンスリーグ関西勢の近大附高金光大阪高などが6回戦敗退となっている。

 以下、6回戦結果と7回戦組み合わせ

[6回戦](5月14日)
東海大仰星高 1-0(延長)大商学園高
関西大一高 1-0 関西大北陽高
大阪桐蔭高 1-0 大阪学院大高
金光大阪高 1-2 大阪産大附高
近大附高 1-3 常翔学園高
履正社高 3-2 興國高
阪南大高 5-3 帝塚山泉ヶ丘高
清明学院高 0-3 桃山学院高

[7回戦](5月21日)
東海大仰星高 - 関西大一高
大阪桐蔭高 - 大阪産大附高
常翔学園高 - 履正社高
阪南大高 - 桃山学院高


●【特設】高校総体2017


TOP